2018年の配偶者控除は「150万円の壁」に!パート主婦の納税額をシミュレーションで比較! - 税理士ドットコムハウツー

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 2018年の配偶者控除は「150万円の壁」に!パート主婦の納税額をシミュレーションで比較!

2018年の配偶者控除は「150万円の壁」に!パート主婦の納税額をシミュレーションで比較!

平成29年度(2017年)税制改正により、「配偶者控除」及び「配偶者特別控除」の見直しが行われました。

配偶者の年収要件の引き上げや控除額等が改正され、2018年からは制度が大幅に変わります。

今回の配偶者控除の改正で、どのように変わって、どんな影響があるのか。また対象となる人は誰になるのでしょうか。

現行の配偶者控除と改正後の配偶者控除を比較しながら、わかりやすく解説していきます。

目次

「配偶者控除(配偶者特別控除)」ってなに?

「配偶者控除」及び「配偶者特別控除」とは、世帯主(納税者)に所得税法における控除対象配偶者がいる場合または配偶者の所得が一定要件以下の場合に、世帯主の所得から一定額を控除(所得控除)できる税制優遇制度のことです。

養う家族(配偶者)がいる世帯の、生活にかかる費用負担を考慮し、税金負担の調整を行う目的で、「配偶者控除は1961年」に、「配偶者特別控除は1987年」に制定されました。

似た制度として扶養控除がありますが、これは対象者が配偶者以外の親族の場合に適用される制度なので、間違えないようにしましょう。

※なお、「世帯主」と記載して解説していますが、世帯主に限定されず、配偶者のいる納税者も要件を満たせば、配偶者控除(配偶者特別控除)を適用することができます。

2017年までの「配偶者控除」

次の要件をすべて満たす人は、「配偶者控除」の控除対象配偶者となり、世帯主の所得から38万円を控除することができます。

  • 世帯主と生計と共にしている(生計を一にしている)
    別居していても生活費が仕送りされている等も該当します。
  • 民法の規定による配偶者である(事実婚・内縁関係は該当しない)
    婚姻届が提出されている法律婚の配偶者のことです。
  • 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていない、又は白色申告者の事業専従者でない
  • 配偶者の年間の合計所得金額(※)が38万円以下
    給与収入のみの場合は年収103万円以下

なお、控除対象配偶者の方が70歳以上だと、老人控除対象配偶者となり、控除額が48万円となります。

※合計所得金額とは、株式や不動産などの全ての収入から必要経費を引いた金額のことです。

2017年までの「配偶者特別控除」

次の要件をすべて満たす人は、「配偶者特別控除」の対象となり、世帯主の所得から最大38万円を控除することができます。

  • 世帯主の年間の合計所得金額が1,000万円(年収1,220万円)以下
  • 世帯主と生計と共にしている(生計を一にしている)
  • 民法の規定による配偶者である(事実婚・内縁関係は該当しない)
  • 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていない、又は白色申告者の事業専従者でないこと
  • 他の人の扶養親族になっていない
  • 配偶者の年間の合計所得金額が38万円超76万円未満(給与収入のみの場合、年収103万円超141万円未満)

控除額は、配偶者の合計所得金額によって次のように決まります。

配偶者の合計所得金額 配偶者特別控除の控除額
38万円超40万円未満(年収105万円未満) 38万円
40万円以上45万円未満(年収110万円未満) 36万円
45万円以上50万円未満(年収115万円未満) 31万円
50万円以上55万円未満(年収120万円未満) 26万円
55万円以上60万円未満(年収125万円未満) 21万円
60万円以上65万円未満(年収130万円未満) 16万円
65万円以上70万円未満(年収135万円未満) 11万円
70万円以上75万円未満(年収140万円未満) 6万円
75万円以上76万円未満(年収141万円未満) 3万円
76万円以上(年収141万円以上) 0円

「103万円と141万円」の年収の壁

以上が、2017年までの配偶者控除と配偶者特別控除の概要です。

上の表を見ると、配偶者の年収で段階的に控除額が変動するということがわかります。

「配偶者控除は103万円」、「配偶者特別控除が141万円」、この年収を超えると控除額は0円又は減額、つまり税金負担が増えることになります。

パート主婦は税金負担が増えないよう意識して勤務時間や勤務形態などを調整(就業調整)することから、こういった年収のラインを「年収の壁」と呼ぶようになりました。

これからの配偶者控除はどうなる?

配偶者控除及び配偶者特別控除は、”共働きと片働き世帯での不公平感”や、”基礎控除と配偶者控除の二重の控除の問題”、”就労を抑制する原因となっている「年収の壁」”など、以前から様々な問題点が指摘されていました。

特に年収の壁については、女性の社会進出の妨げになっているとも考えられており、これらのことを解消するために、2017年の税制改正で、配偶者控除及び配偶者特別控除(以下、配偶者控除制度)の見直しが決定されました。

今回の見直しは、女性の活躍促進のため、女性が就業調整することを意識せずに働けるように、その意向を受けた改正内容になっています。

2018年からの「配偶者控除」

これまでの「配偶者控除」の控除対象配偶者となる要件に、「世帯主の年間の合計所得金額が1,000万円(給与収入のみの場合、年収1,220万円)以下」という項目が追加されました。

また、控除額については、世帯主の合計所得金額及び控除対象配偶者の年齢により、次のように決まります。

2018年からの「配偶者特別控除」

「配偶者特別控除」の対象となる、世帯主と配偶者の年間の合計所得金額 が次のように変更となり、控除額も変更されました。

年収要件、控除額以外は2017年までの要件と同じです。

パート主婦には得で高所得者には損

配偶者控除制度の主な変更点をまとめると、次のような内容になります。

  • 配偶者控除の世帯主の年収要件が追加されたので、高所得者は控除が受けられなくなる(又は控除額が減少)。
  • 配偶者の年収要件の上限が引き上げられたので、適用範囲が拡大した。

日本の夫婦は一般的に、世帯主が会社員(夫)で配偶者がパート主婦(妻)という世帯が多いかと思います。

日本の夫婦の実態と、変更点を合わせて考えると、今回の改正でより大きな影響を受けるのは「パート主婦」と「高所得者」であるということがわかります。

パート主婦が受ける影響

配偶者の年収要件の上限が引き上げられたことで、これまでより収入を増やすことができるようになります。つまり、働く時間や日数を増やしたり、パート収入はそのままに、副業を始めたりするなど、パート主婦の方の活躍の場が広げられる可能性があります。

また、これまで配偶者特別控除の対象外だった年収141万円~201万円のパート主婦は、2018年からは対象となるので、夫の負担する税金を少なくすることができます。

このように、収入を増やしつつ、税金を減らすこと(減税)ができるので、パート主婦にとっては嬉しい改正となっています。

高所得者が受ける影響

一方で、世帯主が年収1,220万円以上の高所得者にとっては、良い改正とは言い難い状況です。

これまでの制度では、配偶者の年収が103万円以下なら高所得者でも38万円を控除することができましたが、改正後は控除額が減少または0円になるので、税金が増えること(増税)になります。

例えば、配偶者控除を受けていた年収1,220万円超の人が、控除を受けられなくなると所得税だけでも、単純計算で10万円以上の増税となります。

年収1,220万円超えともなると税率も高くなるので、高所得者であればあるほど、影響が大きくなるということです。

新たな「150万円と201万円」の年収の壁

2018年からの配偶者控除制度を図に表すと、次のようになります。

これまでの「103万円と141万円の壁」はなくなり、これからは「150万円と201万円の壁」になるといえるでしょう。

年収の壁は他にもある!

年収の壁は、配偶者控除制度以外にもあるので、パート主婦が就業調整する際には、これらも意識しておくと良いでしょう。

住民税の「100万円の壁」

103万円の壁という言葉が有名なので忘れがちですが、年収の壁で最初に出てくるのが、住民税の「100万円の壁」です。

年収100万円を超えると、住民税が発生するので「100万円の壁」といいます。

住民税とは地方税であり、「所得割」と「均等割」の合計した額を自治体に納付します。

均等割は、所得金額にかかわらず定額で課税されます。所得割は所得によって次のように税額を計算します。

1.前年の総所得金額 - 所得控除額 = 課税所得金額
2.課税所得金額 × 税率 - 税額控除額 = 納税額

東京都や多くの自治体では、前年の合計所得金額が35万円以下の場合は、均等割も所得割も非課税とされています。

給与所得者の場合は、給与所得控除額65万円を引くと、100万円 - 65万円 = 35万円(合計所得金額)で非課税なので、「年収100万円が住民税の壁」となっています。

ただし、自治体によって課税基準が異なり、住民税の壁が「98万円」になる自治体もありますのでご注意ください。

所得税の「103万円の壁」

年収の壁の中で最もメジャーなのが、103万円の壁です。

年収103万円を超えると、所得税が発生するので「103万円の壁」といいます。

103万円の壁というのは、2017年までの配偶者控除にも当てはまりますが、多くの場合は所得税のことを指しています。

所得税は、所得によって次のように税額を計算します。

1.前年の総所得金額 - 所得控除額 = 課税所得金額
2.課税所得金額 × 税率 - 税額控除額 = 納税額

給与所得者の場合は、給与所得控除額65万円と基礎控除額38万円を引くと、課税所得金額が0円になるので、「年収103万円が所得税の壁」となっています。

社会保険の「106万円と130万円の壁」

世帯主が会社員などであれば、配偶者は世帯主の会社で健康保険や厚生年金保険(社会保険)に加入している方が多いかと思います。

これらの社会保険の被扶養者となるための要件のひとつとして、年収130万円未満という項目があります。

配偶者の方が年収130万円を超えてしまうと、被扶養者でなくなってしまうことから、社会保険では「130万円の壁」といいます。

また、次の要件に当てはまる人は、自分の勤務先で社会保険に加入することになるので、「106万円の壁」と言われることもあります。

  • 週20時間以上の労働(残業を除き、予め決まっている労働時間)
  • 年収106万円以上(月収8万8000円以上)
  • 雇用期間1年以上
  • 501人以上の従業員のいる企業

パートを増やしても働き損になるかも?!

上記の通り、配偶者特別控除の150万円の壁の前には、所得税の103万円の壁と、社会保険の106万円(130万円)の壁があります。

配偶者特別控除の壁だけを意識して、パート収入を増やすと、結果的に手取りを減らすことになってしまうかもしれません。

具体例でシミュレート

具体的な例を挙げて考えてみましょう。

東京在住の会社員の夫(30歳)とパート主婦(30歳)という前提とします。

※税額や保険料は、お住まいの地域や年齢などでも異なってきます。正確な数字を計算するには、細かな情報が必要となるため、ここでは概算で金額を出しています。

夫(年収500万円)妻(年収103万円)

住民税 211,700円 10,000円
所得税 103,900円 0円
社会保険計 706,068円 0円
手取り額 3,978,332円 1,020,000円

世帯手取計:4,998,332円

夫(年収500万円)妻(年収106万円)【社保あり】

住民税 211,700円 5,000円
所得税 103,900円 0円
社会保険計 706,068円 151,500円
手取り額 3,978,332円 903,500円

世帯手取計:4,881,832円

  • 年収103万円より手取りが減りました。

夫(年収500万円)妻(年収106万円)【社保なし】

住民税 211,700円 10,500円
所得税 103,900円 1,500円
社会保険計 706,068円 0円
手取り額 3,978,332円 1,048,000円

世帯手取計:5,026,332円

  • 同じ年収でも、社保ありとなしだと10万円以上の差があります。

夫(年収500万円)妻(年収130万円)【社保あり】

住民税 211,700円 15,500円
所得税 103,900円 4,000円
社会保険計 706,068円 189,324円
手取り額 3,978,332円 1,091,176円

世帯手取計:5,069,508円

  • 社保なしの年収106万円のときと、手取りの差がほぼありません。

夫(年収500万円)妻(年収129万円)【社保なし】

住民税 211,700円 33,500円
所得税 103,900円 13,200円
社会保険計 706,068円 0円
手取り額 3,978,332円 1,243,300円

世帯手取計:5,221,632円

  • 社保ありの年収130万円と1万円しか差がありませんが、手取り額には大きな差があります。

夫(年収500万円)妻(年収150万円)【社保あり】

住民税 211,700円 32,700円
所得税 103,900円 12,900円
社会保険計 706,068円 216,876円
手取り額 3,978,332円 1,237,524円

世帯手取計:5,215,856円

  • 社保なしの年収129万円と手取り額にほとんど差がありません。

夫(年収500万円)妻(年収200万円)【社保あり】

住民税 241,700円 62,100円
所得税 139,600円 27,900円
社会保険計 706,068円 292,548円
手取り額 3,912,632円 1,617,452円

世帯手取計:5,530,084円

  • 年収200万円になると控除額が減るため、夫の手取りも少し減りますが、世帯で見ると手取り額は大幅に増えています。

年収が増えても手取りが減る..?

このように、納める住民税や所得税にはそれほど差が出ませんが、社会保険への加入の有無で手取り額は大きく変わります。年収が増えるということは、その分税金や保険料の負担が増えるということです。

「働き損」にならないよう、このようなこともふまえて収入の調整をすると良いでしょう。

しかし、厚生年金へ加入できるということは、将来受け取れる年金が国民年金よりも高くなりますし、支払った社会保険料は、年末調整(確定申告)の際に社会保険料控除として、所得控除できるので、デメリットばかりということでもありません。

なお結果は、お住まいの地域や年齢、医療費や生命保険など各種控除の有無、配偶者手当がある場合、などでも異なりますので、あくまでひとつの例として参考にしてみてください。

個人事業主(自営業)の妻が一番得する!

個人事業主など自営業の方の妻であれば、そもそも自分で国民年金や保険料を負担していることが多いかと思います。

つまりこのような方にとっては、106万円(130万円)の社会保険の壁が実質ないということになります。

つまり、配偶者控除の103万円の壁がなくなった今回の改正で一番得をするのは、個人事業主(自営業)の妻であると言えるでしょう。

おわりに

一時期は、配偶者控除を廃止し、夫婦控除の新設を新設するという議論もされていましたが、一旦延期となったそうです。

本制度は改正後もまだまだ問題点が残っていると指摘されており、さらに改正される可能性がありますので、今後も要注目の制度です。

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

配偶者控除に関する税務相談Q&Aをみる

育児休暇給付金、給与、報酬…扶養範囲を外れる条件について。

2014年07月13日 投稿 確定申告や税金について、無知なもので教えて下さい。 今年の6月まで育児休暇を取得しており、雇用保険の育児休暇給付金を頂いていました。(昨年まで扶養範囲内で...

税理士回答数 :  1

パートの所得が多くなったときの配偶者控除、扶養の扱いについて

2014年07月16日 投稿 パートで働いている主婦に関する質問です。 仕事が予想よりも忙しくなり所得が103万円を越えてしまいましたが、130万円は越えて いないとします。 ...

税理士回答数 :  1

配偶者控除を受けられなくなる場合

2014年07月22日 投稿 来年中に結婚したいと思っている彼がいます。 彼はかなりの所得があり(たぶん1千万円以上)、会社の人から配偶者控除を受けたほうがいいと言われてるそうですが、私が...

税理士回答数 :  1

青色申告フリーランス主婦です。主人の扶養に入るための条件について

2014年08月14日 投稿 WEBの運営や制作をやっています。他社からの業務委託と個人でアフィリエイトブログを運営しています。給与所得はありません。現在、夫の扶養には入っておりません。 ...

税理士回答数 :  1

配偶者特別控除をうけるには

2014年08月21日 投稿 今年から自宅で小さなお店をしています。主人は会社員です。 所得が130万円までなら、配偶者特別控除が受けられると聞いたのですが その所得とは、売り上げから減...

税理士回答数 :  1

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応