民放キー局中間決算、TBSとテレ東「増収」 視聴率、テレ朝が日テレに迫る - 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 民放キー局中間決算、TBSとテレ東「増収」 視聴率、テレ朝が日テレに迫る

経理・決算

民放キー局中間決算、TBSとテレ東「増収」 視聴率、テレ朝が日テレに迫る

民放キー局中間決算、TBSとテレ東「増収」 視聴率、テレ朝が日テレに迫る

民放キー局5社の2019年3月期中間決算が11月8日、出そろった。東京エリアでの広告出稿が低調でスポットCMによる広告収入が伸び悩んだことなどが影響し、日本テレビホールディングス(HD)を除く4社が営業減益となった。TBSHDとテレビ東京HDはともに増収を維持した。

●日テレの純利益、前年の反動で大幅増

売上高の減少率が最も大きかったのはフジ・メディアHDで、前年同期比6.3%減の2922億円。本業のもうけを示す営業利益では、テレ朝HDが前年同期比33.1%減の56億円となり、最も大きい減少率だった。

純利益でみると、減少率が最も大きかったのはテレ東HDで、前年同期比51.6%減の11億円だった。主な減益要因について、テレ東HDは「グループ全体の競争力強化を狙った先行投資としての費用が増加したことによるもの」としている。

また、日テレHDでは、前年の同じ期に巨額の特別損失を計上した反動が寄与し、今回の純利益は前年同期比63.7%増となる171億円だった。

2018年度上期の視聴率は、日テレ=7.8%(-0.2)、テレ朝=7.6%(+0.5)、TBS=6.3%(+0.2)、フジ=5.6%(-0.1)、テレ東=2.8%(±0.0)だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。日テレの背後にテレ朝が迫る形となった。

民放決算

(税理士ドットコム トピックス)

経理・決算の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!