急激な円安で昔の米ドル預金を解約!確定申告は必要ない? - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075861865

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 急激な円安で昔の米ドル預金を解約!確定申告は必要ない?

急激な円安で昔の米ドル預金を解約!確定申告は必要ない?

税金・お金

急激な円安で昔の米ドル預金を解約!確定申告は必要ない?
yakiniku / PIXTA

連日ニュースとなっている急激な円安。輸入コストの上昇に伴う価格高騰など、円安は家計にさまざまな影響を与えている。

一方で、円安による為替差益を見込んで、外貨預金を解約する動きが加速。税理士ドットコムの「みんなの税務相談」には、「昔預けた米ドル預金を解約したいが取引明細書を保管していない」という男性からの質問が寄せられた(https://www.zeiri4.com/c_5/q_101199/)。

男性によると、30年前に米ドル預金を預けたが、その銀行が撤退したため、別の銀行に米ドルのまま預け替えていたのだという。当時の為替レートを示した取引明細もないことから、申告するにも為替差益をどのように計算すればいいか悩んでいる。

この質問のように、昔預けた外貨預金の取引明細を紛失してしまったという人も多いのではないだろうか。そこで外貨預金における確定申告について、福留聡税理士に聞いた。

●為替差益が出ると確定申告が原則必要

外貨預金で受け取る利子については、円預金と同じ源泉分離課税のため確定申告が不要ですが、為替差益が出たときは、雑所得として原則確定申告が必要になります。

ただし、年収2,000万円以下の給与所得者で、外貨預金の為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は、確定申告は不要です。

また、給与所得や事業所得がない方の場合は、外貨預金の為替差益を含めた所得が年間48万円(基礎控除額)以下であれば、確定申告は不要になります。

確定申告をする際には、外貨預金の損益状況を計算するための書類が必要です。もし取引明細といった銀行で入手できる書類がなく、外貨預金を預けた際の為替レートがわからない場合は、通帳などの入出金明細など為替差益を算定するために必要な資料を用意しましょう。
銀行によってはwebサイトで預入当時の為替レートを公表していることもあるのでそちらを参照しても構いません。

●為替差益を計算する方法は?

それでは具体的に為替差益がいくらになるのか、シミュレーションしてみましょう。いずれも100万円預け入れた場合で、為替手数料は為替レートに反映済みです。

【ケース1】
10年前の2012年に1ドル=80円で預けて、1ドル=149円で解約した場合

預入時 : 1,000,000円 ÷ 80円=12,500ドル
解約時 : 12,500ドル×149円=1,862,500円
為替差益 : 1,862,500円ー1,000,000円=862,500円

【ケース2】
5年前の2017年に1ドル=110円で預けて、1ドル=149円で解約した場合

預入時 : 1,000,000円 ÷ 110円=9,090ドル
解約時 : 9,090ドル×149円=1,354,410円
為替差益 : 1,354,410円ー1,000,000円=354,410円

なお前述したとおり、外貨預金で為替差益が出た場合でも、給与所得以外の所得が20万円以下などの条件を満たせば、確定申告の必要はありません。

ただし、住民税の申告は、給与所得以外の所得がある場合には、所得の金額にかかわらず申告しなければなりませんので、忘れないようにしましょう。

【取材協力税理士】
福留 聡 (日本・米国ワシントン州)公認会計士、(日本・米国)税理士、行政書士
監査法人で上場企業の監査業務等を経験後、IPO支援、決算支援、IFRS導入支援、日米の法人の税務顧問等を行っている。本、雑誌、DVD等で約50の出版をしており、代表的な著作として『7つのステップでわかる税効果会計実務入門』がある。
事務所名 : 福留聡税理士事務所、福留聡国際会計アドバイザリー株式会社、福留聡クラウド会計給与合同会社
事務所URL:http://www.cpasatoshifukudome.biz/

税金・お金の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

会員登録でメルマガをお届け!

税務のお役立ち情報を
無料でお届けします

登録する

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を名乗る業者にご注意ください!