ZOZO前澤社長のマネ?「50万円プレゼント」エサにフォロワー荒稼ぎ - 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. ZOZO前澤社長のマネ?「50万円プレゼント」エサにフォロワー荒稼ぎ

税金・お金

ZOZO前澤社長のマネ?「50万円プレゼント」エサにフォロワー荒稼ぎ

ZOZO前澤社長のマネ?「50万円プレゼント」エサにフォロワー荒稼ぎ
4月6日投稿のツイート

「50万円を10名様に」。あるTwitterアカウントで、お金をプレゼントするという告知が4月6日に投稿された。規模は違うが、1月に「ZOZOTOWN」を運営する前澤友作社長が、個人で「100万円を100人にプレゼント」とツイッターで宣言したことを思い出させる。

アカウントは「にゅるまゆ」(@450160)さんのものだ。1000リツイートに迫る勢いでリツイートは伸び、リプ欄には「借金返済に使いたい」「奨学金返済したい」「遠くに行きたい」など、50万円を求める様々な反応が殺到した。

数日後にその投稿は消され、実際に50万円がプレゼントされたのか、単に「フォロワー稼ぎ」だったのかはわからない。お金のプレゼントは「税金対策」を理由と記していたが、お金を人にあげると何か税金対策になるのだろうか。宮路幸人税理士に聞いた。

●富裕層でないと節税効果は見込めない

ーー税金対策になるのでしょうか

「単純に考えると、相続税について言えば手持財産が減少するので、確かに相続税対策にはなります。

ですが、財産が相続税の基礎控除(3,000万円+600万円×相続人)以下であれば、そもそも相続税はかかりませんので、相続税がかかる富裕層のみ節税効果があると言えます」

ーーお金をもらった側が気をつけるべきことは何でしょうか

「贈与税の非課税枠が年間110万円ですので、50万円をもらった人は、贈与を受けたのがこれだけでしたら贈与税はかかりません。ですが、同じ年に60万円以上の贈与を受けた場合、非課税枠を超えてしまい、税務署への申告が必要となるので注意しましょう」

ーーでは所得税についてはいかがでしょうか

「所得税では収入を上げるために使った費用であれば、必要経費として認められ、節税となります。しかし、現金をプレゼントする事で、どれほどの収入増に結びつくかは疑問です。

確かに話題にはなりますし、フォロワ-を増やすなど広告宣伝効果はあるのでしょうが、収入とひも付きの必要経費だと、税務署に認めさせるのは少し難しいように思われます」

ーー個人が現金をプレゼントして節税するというのは相当な富裕層などでない限り、無理があるということでしょうか

「そうですね。著名人の場合は話題づくりなど宣伝効果を考えると悪くない気もしますが、むしろ現金プレゼントの大半は怪しいものが多く、個人情報の収集が目的だったり、アフィリエイトサイトに誘導し登録させられたりといった詐欺まがいのものが多いと聞きます。

単にフォロワーを増やしたいだけという理由で募集するアカウントもあるでしょうが、応募されるときは十分気をつけてください。うまい話はいつの時代もほとんどないのですから」

【取材協力税理士】
宮路 幸人 (みやじ・ゆきひと)税理士
簿記論、財務諸表論、法人税、消費税、国税徴収法の5科目合格。AFP・宅建士・マンション管理士等保有し、不動産関係が得意。趣味は楽しくお酒を飲むこと。
事務所名 :多賀谷公一税理士事務所
事務所URL:

(税理士ドットコム トピックス)

税金・お金の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!