妻の年収「130ー150万円」家庭は損をする…夫は1000万円プレーヤー、新妻の悩み - 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 妻の年収「130ー150万円」家庭は損をする…夫は1000万円プレーヤー、新妻の悩み

税金・お金

妻の年収「130ー150万円」家庭は損をする…夫は1000万円プレーヤー、新妻の悩み

妻の年収「130ー150万円」家庭は損をする…夫は1000万円プレーヤー、新妻の悩み
写真はイメージです(EKAKI / PIXTA)

「1000万プレーヤーに嫁ぐ私は、どんな働き方をしたら損しないの?」。このような趣旨の相談が税理士ドットコムに寄せられました。働きすぎて税金を取られるのは避けたいし、できれば税金を取られないギリギリのラインまで稼ぎたいようです。

これから結婚する予定の男性の年収は1000万円で、相談者の年収は350万円(正社員)だといいます。結婚・引っ越しを機に女性はいったん退職し、その後は契約社員として年間250万〜300万円ほどを稼ぎたい考えです。

扶養に入るか、社会保険の負担はどうなるのかなど、稼ぎによって変わってくるため悩んでいる様子。年収をいくらくらいに調整すれば「お得」なのか、安藤由紀税理士に聞きました。

●年収130万〜150万円は「もったいないゾーン」

ーーどのような働き方が「お得」なのでしょうか

「今年から、配偶者(特別)控除が改正され、ますますわかりづらくなりました。

いわゆる『お得』というのは、税金計算や社会保険の扶養のメリットを受けること。細かい説明は省略して結論を言うと、これらのお得を最大限受けられるのは、年収130万円未満で働くことです(妻は中小企業に勤務と仮定)。この範囲であれば、若干の税負担はあるけれど、妻の年収が、順調に世帯収入の増加につながります」

ーーそれでは気をつけたいゾーンはありますか

「はい。気をつけたいのは年収130万~150万円。これは『もったいないゾーン』です。妻が社会保険の扶養から外れてしまうため、自己負担の支払いが発生し、せっかく働いても世帯の手取りが130万円のときよりも減ってしまうのです。

150万円を超えるところからやっと、年収130万円の世帯年収と同等になり、後は順調に増えていきます。そのため、お得という観点からは、年収130万円未満にすること。そして、130万円から150万円のエリアは避けることです」

●フルタイムなら上限意識しすぎず

ーーせっかく働いても手取りが減るというのは納得しがたいですね

「そうなんです。ただ、150万円を超えて働くのは損かというとそんなことはありません。たとえば妻が年収0のときと比べて、世帯手取りは、妻の年収が120万円なら115万円、妻の年収が160万円なら126万円で、妻の年収が300万円なら225万円のプラスとなります。

税金は取られてしまいますが、世帯手取りは増えていますよね。フルタイムで働く環境にあるならばお得に縛られて、そこを上限にせず、がっつり働いてもいいのではないでしょうか(金額はすべて目安)」

【取材協力税理士】
安藤 由紀(あんどう・ゆき)税理士
大学卒業後、銀行勤務を経て2008年に税理士登録(簿記、財務諸表論、法人税法、所得税法、相続税法の5科目合格)。大学講師、セミナー、執筆など業務は幅広い。経理初心者向けのわかりやすい解説に定評あり。(ブログ : https://ameblo.jp/ando-tax/ Twitter : @andoyuki_
事務所名:安藤由紀税理士事務所
事務所URL:http://www.ando.jdlibex.jp/index.html

(税理士ドットコム トピックス)

税金・お金の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!