車輪のある家、小屋の固定資産税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 車輪のある家、小屋の固定資産税について

車輪のある家、小屋の固定資産税について

家の形をしていて中に住む機能があっても、車輪がついていて自動車で牽引が可能であれば、固定資産税はかからないという理解で良いのでしょうか?

税理士の回答

所謂、牽引式のキャンピングトレーラーのことであれば、固定資産税は掛かりませんが車両と同様に自動車税と重量税が掛かります。

ただの木造の小屋にタイヤが付いているイメージです

ナンバー登録して公道を走ることが出来るものであれば車両になると思いますので、固定資産税の対象外と思います。

ナンバー登録がなく車両の扱いにならなければ、構築物として固定資産税の対象になる可能性もありますので、実物の写真などでお住まいの市町村にご確認されることをお勧めします。

可能性とのことですが、明確には定まっていないんですか?

固定資産税は市町村の賦課課税ですので、現況で判断しなければわかりません。
繰り返しますが、ナンバー取得して公道走行できれば車両ですので固定資産税はかかりません。

据え付けられていないので、多分固定資産税の対象とはならないとは思いますが。

本投稿は、2019年10月10日 12時36分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

固定資産税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,239
直近30日 相談数
1,309
直近30日 税理士回答数
2,228