税理士ドットコム - [節税]社長借入を少人数私募債に振り替える方法 - 「社債を発行して、借入金と相殺する」と申し上げ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 社長借入を少人数私募債に振り替える方法

節税

 投稿

社長借入を少人数私募債に振り替える方法

当社は中小企業で社長借入が二千万円あります。

節税対策として色々調べていましたら、少人数私募債を発行して、
社債利息を支払う という類のものがあったのですが、少人数私募債自体の発行手順はわかったのですが、
元々社長借入があって、それを少人数私募債に転換するやり方はよくわかりませんでした。

たとえば、元々ある社長借入金を少人数私募債に振り替える際の社債の発行日付や社債総額はどのようにしたらよいのでしょうか?

わかりにくい文章で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

税理士の回答

「社債を発行して、借入金と相殺する」と申し上げるとわかりやすいでしょうか?
社債と借入金は別物ですので、社債が借入金の経緯・事情を引き継ぐ必要はありません。
取締役会の決議で社債の発行日(借入日に合わせて遡ったりしないでください)・社債の総額(2千万円で構いません)・利率等の必要事項を定めて、払込みに替えて借入金を充当するという手続になります。
帳簿上は借入金を社債に振り替えるだけとなります。

本投稿は、2014年06月16日 18時00分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
17,611
直近30日 相談数
819
直近30日 税理士回答数
1,343

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら