仮想通貨について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨について

仮想通貨

 投稿

仮想通貨について

仮想通貨で取引をしています。例として会社員で、年収は600万程度です。
1年間で例えば50万の利益を出した場合は、雑所得扱いの仮想通貨で695万円までの範囲ということで20%課税ということでしょうか。
既に会社員であれば所得税は課税されているかと思いますので、仮想通貨の利益分に20%をかけて税金を納めれば良いということでしょうか。
あと、経費として飲食代や飛行機代の領収書を持っている場合、その経費を利益から差し引いた額の20%課税ということになるでしょうか。
確定申告をしたことがないので教えてください。

税理士の回答

確定申告では、個人の1年間の「所得金額」を計算し、納める税金を決定します。
ご質問のケースですと、
・会社員として会社から得た「給与所得」と、
・仮想通貨によって得た「雑所得」
を合算して、年間の「所得金額」を計算し、税額を求めます。
そして既に支払済の所得税(会社から源泉徴収されている所得税)と比較し、追加で納める必要があれば納付し、逆に納めすぎていれば還付される事となります。

給与については、会社員としての年収がそのまま「給与所得」となるわけではありません。仮に年収が600万円であれば、174万円の給与所得控除がありますので、「給与所得」は600万円-174万円=426万円 となります。

これに仮想通貨の利益「雑所得」を50万円と仮定すると、
426万円+50万円=476万円 が年間の「所得金額」となり、
476万円×20%-427,500円=524,500円 が納めるべき税額 となります。
(社会保険料控除や扶養控除などは考慮せず簡易に計算しています)

ただし給与の支給時に既に所得税が差し引かれていますので、既に差し引かれた所得税と上記で計算した税額524,500円を比べて、税金を納め足りていなければ差額を納めますし、逆に納めすぎていれば還付される事となります。
既に差し引かれた所得税については、会社から年末に源泉徴収票が交付されているかと思いますが、そちらに記載されています。

また、飲食代や飛行機の領収書などは、給与所得、雑所得では経費として差し引く事は出来ません。

※上記は簡易な例を使った計算であり、正確な税額ではございませんのでご注意下さい。

本投稿は、2017年11月29日 19時01分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
19,232
直近30日 相談数
864
直近30日 税理士回答数
1,358