会社を第三者に譲り渡す時に!株式譲渡と事業譲渡どちらを選ぶ? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 事業承継
  4. 事業承継のハウツー
  5. 会社を第三者に譲り渡す時に!株式譲渡と事業譲渡どちらを選ぶ?

会社を第三者に譲り渡す時に!株式譲渡と事業譲渡どちらを選ぶ?

中小企業において後継者不足は深刻な問題です。苦労して興した会社だけれど、後を継ぐ子供や人材がいないといった理由で会社をたたむ人も多いと思います。しかし、せっかく興した事業です。買い取ってくれる人がいるとしたらどうでしょうか。最近では企業の合併買収の件数も増えてきています。

今回は、第三者に会社を譲り渡す時によく使う手法の株式譲渡事業譲渡に関して、特徴などを比較してみました。事業継承をどうするのか、知識を深めておきましょう。

目次

第三者に会社を譲渡するには

中小企業(未上場企業)において、後継者が居らず事業を継続することができない時には、清算・廃業を選ぶか第三者に会社を譲渡しなくてはなりません。

第三者に譲渡することを決断した場合、譲渡先を探すことになります。譲渡先に心当たりが無い場合には、M&A専門の会社に依頼をするとよいでしょう。

譲渡先が見つかったら、どのような手法で会社を譲渡するのか話し合って決めることになります。

会社をすべて譲り渡したい場合、一般的には株式譲渡事業譲渡を選ぶことになります。それぞれの特徴を理解して、適した契約を結ぶようにしましょう。

株式譲渡とは

株式を第三者に譲り渡すことで、経営権を第三者に移行します。

多くの中小企業では、株主と取締役が同一人物となり経営権を持っています。第三者に2/3以上の株式を譲渡することにより経営上の決定権が移行します。

売却株式の割合は話し合いで決めることができます。一度に全ての株式を譲り渡さず、経営の行方を見てから全ての株式を譲渡する経営者の方も多いようです。

株式譲渡の利点は、手続きが比較的簡単なことです。会社の機関構成も変わらないため、会社内部での手続きで完結することができます。

事業譲渡とは

事業・資産・従業員など個別に契約を結び、譲渡を行います。会社自体は残る為、清算手続きを行う必要があります。会社に思い入れがある場合や、会社を継続して賃貸収入のみ確保しておきたいなどの理由がある場合に選択することが多いようです。

事業譲渡に関して、詳しくは次の記事もご参照ください。

株式譲渡と事業譲渡の比較

手続きだけでなく、税金面においても両者には大幅な違いがあります。それぞれの内容を比較して確認してみましょう。

手続きの面

前述したように、手続きは株式譲渡のほうが簡単です。

事業譲渡の場合、取引先や従業員の雇用をどうするのかなどの問題も浮上します。買い手側にとっても、契約手続きや不動産の移転登記など事務処理は多岐に及びます。

税金の面

株式譲渡の場合には、通常株主である取締役の収入となります。譲渡益に20%の所得税が課税されます。

事業譲渡の場合には、会社の利益となりますので法人税が課税されます。その後、退職金や役員報酬などにより個人に資産を移行します。

債権・債務の取り扱い

手法を決める上で一番のポイントとなるのが、債権・債務の取り扱いです。株式譲渡に関しては債権・債務も含めて経営権が移行することになります。

しかし、事業譲渡では債券・債務に関しても個別に譲渡することになります。債権・債務を含めて譲渡できない場合には、後をどうするのか考えなければなりません。

比較表

以下の通り、株式譲渡と事業譲渡の比較を一覧表にしてまとめました。ご参考にしてください。

 株式譲渡事業譲渡
手続き簡単手間がかかる
税金個人に譲渡税会社に法人税、消費税
債券・債務全て買い手側に引き継ぐ個別に選択可
従業員給与・勤務体系もそのまま引き継ぐ再雇用の契約が必要
取引先そのまま継続再契約が必要
事務コストほぼなし手続きに時間と経費が必要

おわりに

後継者がいない場合、会社を清算するのか譲渡するのか。事業を誰かに継続してもらうのか、その際従業員を含め会社としての存続をどうするのか。考えなければならないことはたくさんあります。

未だ先のことだと思っていても、いつ何があるかはわかりません。経営をする上で事業拡大だけでなく、先々をどうするのか考えておくとよいでしょう。

事業承継に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

事業承継に関する税務相談Q&Aをみる

  • 株式を相続しても会社と係わるつもりがない場合の選択肢とは?

    よろしくお願いいたします。 親族が株式会社(特に負債等はないと考えてください)を経営していましたが、 その株式を相続することになりました(議決権に影響する株式...
    税理士回答数:  1
    2019年11月11日 投稿
  • 医療法人の監査役

    医療法人の監査役が先日亡くなったのですが、 いつまでに代わりの者をたてないといけないのでしょうか。 後、監査役となる者の条件はありますでしょうか。 よろしく...
    税理士回答数:  2
    2019年11月01日 投稿
  • M&A買収金額について教えてください

    非公開株会社が買収されました。 買った会社は、買われた会社の借入金数億円を買収前に、代わりに支払ったかたちです。 質問は、これらの買収は借入金が買収金と見るこ...
    税理士回答数:  1
    2019年10月31日 投稿
  • 同族会社の株主配当は貰える

    同族会社の株主です。 夫婦で会社設立して、その後息子も手伝っておりました。 主人が亡くなり、息子が社長で営んでいたのですか、会社を辞めると言われ退職させられまし...
    税理士回答数:  2
    2019年10月30日 投稿
  • 売り会社側がデューデリジェンス

    会社を売りたい場合には、もちろん会社の状態を資料で正確に表すと思います。 買う側はデューデリジェンスを第三者機関に依頼するなどして売り会社の資料の整合性と数字以...
    税理士回答数:  1
    2019年10月27日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応