最大の課題は株式買取の資金調達、近年増えている「LBO」とは?・・・「従業員承継」の課題と対策 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 事業承継
  4. 事業承継のハウツー
  5. 最大の課題は株式買取の資金調達、近年増えている「LBO」とは?・・・「従業員承継」の課題と対策

最大の課題は株式買取の資金調達、近年増えている「LBO」とは?・・・「従業員承継」の課題と対策

親族内承継が難しいと判断された場合、次の選択肢として多くの経営者の方が従業員承継を考慮されると思います。自身の近くで働いていた従業員ならば、と安心して経営を任せてしまうとすぐに業績が落ち込んだ、なんてことも考えられます。

また、従業員承継で最もネックとなるのは、株式の有償譲渡のための買い取り資金準備であるケースが多いのですが、それ以外には何に気をつけるべきなのしょうか。今回は、従業員承継について解説していきます。

従業員承継における二大課題は「株式買取の資金調達」と「関係者の理解」

従業員承継は、後継者が有償で株式や事業用資産を買取ることが多く、その買取資金の調達が問題となります。また、関係者の理解を得るのに時間がかかり、現経営者の親族との合意形成が重要となります。

「従業員承継」を行う際には、現経営者の親族や、後継者である従業員の配偶者といった関係者の理解などを得るのに時間がかかる場合もあるため、後継者の経営環境の整備により一層留意する必要があります。

また、株式・事業用資産を相続などによって取得する親族内承継と比較して、所有と経営の分離が生じやすいものです。株式・事業用資産の承継は、有償譲渡によることが多く、その場合、相続税対策は不要となるものの、買取資金の調達や現経営者及び親族との合意形成が極めて重要となります。

なお、遺贈や贈与によって無償で株式・事業用資産を承継する場合は相続税・贈与税の課税を受けることがあるため、留意が必要です。

後継者に最も必要なのは「覚悟」と「責任感」

後継者となる従業員にとって必要となるものは、会社経営の覚悟と責任感です。現経営者は、後継者となる従業員との対話を重ね、責任感を持たせることが重要です。

現経営者の親族とも対話して、後継者となる従業員との関係を調整しておくことも大切です。

「番頭さん」が後継者に適しているとは限らない?

従業員が後継者となる場合、社内で一定の経験を積み、経営に近い役割を担ってきた従業員、いわゆる「番頭さん」が後継者となる例が多くあります。会社の「番頭さん」は他の従業員との信頼関係ができているため、事業承継後も会社の一体感を維持しやすいというメリットがあります。

一方、従業員と経営者で大きく異なるのが、会社を経営することに対する覚悟や責任感であると言われます。そのため、従業員に承継を行おうとする場合、まずは当該従業員との対話を重ね、また責任のある役職に置くなどして、自身の責任で会社を経営するのだという覚悟を持ってもらうことが重要です。

関係者との対話、「無議決株式」や「優先株式」による親族との関係調整

また、現経営者の親族などが事業承継後の従業員後継者による会社経営に協力していけるよう、現経営者による親族などの関係者との対話も重要です。ここでいう関係者には、会社経営という大きな責任を引き受ける従業員後継者の配偶者なども含まれるものと考えられます。

近年は、従業員後継者と現経営者の親族との関係を調整するために無議決権株式優先株式などを活用するケースも見られます。

株式の買い取りは「MBO」や「EBO」が一般的

後継者の経営を安定させるためには一定数の株式や事業用資産の取得が必要ですが、いわゆるMBO(役員による株式取得:Management Buy-Out)やEBO(従業員による株式取得:Employee Buy-Out)に代表されるように、有償の譲渡により株式・事業用資産の承継が行われることが多くなります。

しかしながら、現経営者の親族外の役員や従業員は、現経営者から株式・事業用資産以外の資産の取得が期待できないことなどから、買取資金を調達することが困難です。そのため、円滑な従業員承継を実現するためには、資金調達の成否が非常に重要であり、これが従業員承継の実現を阻む高いハードルとなっています。

資金調達の手法としては以下の方法が一般的です。

  • 金融機関からの借り入れ
  • 後継者候補の役員報酬の引き上げ

その際、親族内承継の説明箇所で述べた経営承継円滑化法に基づく金融支援は親族外の後継者にも利用が可能であるため、積極的な活用が期待されます。

近年増えてきた借入金を活用した「LBO」スキーム

従来は、上記のとおり金融機関からの融資によって株式・事業用資産の取得資金を調達することが多かったのですが、近年は、一定の規模を有する中小企業の事業承継において、後継者の能力や事業の将来性を見込んで、ファンドやベンチャーキャピタル(VC)などからの投資によってMBOやEBOを実行する事例が増えてきています。

そのスキームの流れは概ね以下のとおりであり、円滑な従業員承継を実現する環境が整ってきているといえるでしょう。

  1. 後継者(役員・従業員)が、自己資金や金融機関からの借入れにより対象会社の株式を取得する特定目的会社(SPC)を設立し、ファンドやVCがSPCに出資
  2. SPCが、自己資金の不足分を金融機関から借入れ
  3. SPCが現経営者から対象会社株式を買い取り、対象会社を子会社化
    ※SPCが対象会社を吸収合併することもある
  4. 対象会社からSPCへの配当等により、金融機関からの借入れを返済

従業員に株式を承継させようとする場合、買取り資金を従業員個人に与えてやろうとし、従業員の給与を増せばよいと考えるケースが多く見られます。しかし、株式の税務上の時価が著しく高くなってしまった場合、そう簡単に買取り資金を調達できるものではありません。また、従業員の給与を増やせば、それに伴う所得税負担も大きくなります。

このような場合、対象となる事業会社のキャッシュ・フローを担保として銀行から借入れを行い、その資金で株式を買取らせる方法を採ることが最適です。これは、レバレッジド・バイ・アウト(LBO)と呼ばれ、受皿会社が借入れで調達した資金で株式を買取り、その直後に合併することで、借入金を対象となる事業会社に負担させてしまう方法です。

この方法であれば、出資は小さくてもよいため、従業員に資金をほとんど無くても、高額の株式を買取ることが可能となります。

ただし、この方法を実行した後の会社の借入金は急増し、財務内容は一気に悪化することになりますので、その後の財務リスクの負担は注意しなければなりません。

おわりに

経営者という立場は、従業員としての仕事スキル以外に全く違った要素を必要とします。それらは会社を経営するという覚悟や責任感というものであり、従業員としてただ働いているだけではなかなか身につきにくいものです。

従業員承継には、後継者にやる気と覚悟を身に着けさせる以外にも、資金調達や信頼構築などの課題は山積みです。事業承継において不安なことがあれば、早めに専門家に相談することをおすすめします。

事業承継に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

事業承継に関する税務相談Q&Aをみる

  • 株式を相続しても会社と係わるつもりがない場合の選択肢とは?

    よろしくお願いいたします。 親族が株式会社(特に負債等はないと考えてください)を経営していましたが、 その株式を相続することになりました(議決権に影響する株式...
    税理士回答数:  1
    2019年11月11日 投稿
  • 医療法人の監査役

    医療法人の監査役が先日亡くなったのですが、 いつまでに代わりの者をたてないといけないのでしょうか。 後、監査役となる者の条件はありますでしょうか。 よろしく...
    税理士回答数:  2
    2019年11月01日 投稿
  • M&A買収金額について教えてください

    非公開株会社が買収されました。 買った会社は、買われた会社の借入金数億円を買収前に、代わりに支払ったかたちです。 質問は、これらの買収は借入金が買収金と見るこ...
    税理士回答数:  1
    2019年10月31日 投稿
  • 同族会社の株主配当は貰える

    同族会社の株主です。 夫婦で会社設立して、その後息子も手伝っておりました。 主人が亡くなり、息子が社長で営んでいたのですか、会社を辞めると言われ退職させられまし...
    税理士回答数:  2
    2019年10月30日 投稿
  • 売り会社側がデューデリジェンス

    会社を売りたい場合には、もちろん会社の状態を資料で正確に表すと思います。 買う側はデューデリジェンスを第三者機関に依頼するなどして売り会社の資料の整合性と数字以...
    税理士回答数:  1
    2019年10月27日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応