税務署の役割とは? 課税以外にもある調査・徴収・査察などの役割 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 税務調査
  3. 税務調査のハウツー
  4. 税務署の役割とは? 課税以外にもある調査・徴収・査察などの役割

税務署の役割とは? 課税以外にもある調査・徴収・査察などの役割

会社員にはあまり縁がないかもしれませんが、事業主の方などは、さまざまな場面で税務署にお世話になります。たとえば毎年の確定申告はもちろん、税金の相談をしたり、各種指導を受けたりすることができます。ほかにも税務署の役割や仕事はさまざまなものがあります。

今回は、税務署がどんな役割を担っているのかをご紹介します。

目次

そもそも「税務署」とはどのような組織なの?

税務署とは国税庁の下部組織に属しており、主に国税の賦課・徴収を担当している行政機関です。2018年1月現在で全国に524か所設置されていて、それぞれが各国税局または沖縄国税事務所のいずれかに所属しています。

税務署は基本的に署長をトップとして、課税部門や管理運営部門、徴収部門、総務課といった部門を置いています。なお、これらは税務署の規模によって異なり、場合によっては特別国税調査官・徴収官などが置かれることもあります。このように税務署ではさまざまな部門が、国税を正しく課税・徴収するために働いています。

税務署の各部門による主な仕事内容

それでは税務署の各部門が実際に実施している業務内容について確認します。

各種税金の相談や調査を実施する課税部門

課税部門は大きく「個人課税部門」「法人課税部門」「資産課税部門」の3種類に分けられます。これらの違いは担当している国税で、具体的には以下のとおりです。

  • 個人課税部門:所得税や消費税(個人事業者)の相談や調査をする
  • 資産課税部門:相続税や贈与税、譲渡所得税の相談や調査をする
  • 法人課税部門:法人税や消費税(法人)、印紙税、酒税などの相談や調査をする

いずれの部門も基本的には申告者の税に関する相談に乗ったり、申告内容が正しいかどうかを調査したりする業務を担っています。

また、事業者に向けた記帳方法の説明会を実施したり、路線価などを決定したりする仕事も行っています。

租税債権の管理や納税証明書の発行をする管理運営部門

管理運営部門では主に申告などによって確定した租税債権を管理したり、納税証明書の発行をしたりしています。

また、確定申告書の受付や各種国税の納付・還付にも対応しているほか、国税に関する制度や手続きの一般的な相談にも乗っています。

申告手続きなどのために税務署へ訪れた際には、基本的にはこの管理運営部門が対応をしてくれます。管理運営部門は2009年に誕生した比較的新しい部門ですが、現在は税の総合窓口として重要な役割を担うようになっています。

国税の納付相談や滞納処分を行う徴収部門

徴収部門では国税の納付に関する相談や指導、滞納処分などの手続きを実施しています。

納付指導とは納付期限までに納税していない方に対して、納税するように督促をしたりすることです。また、滞納処分とは納税する意思のない方に対して、差押えや公売といった強制徴収手続きを行うことです。

各種税金を期限通りに納付していれば、基本的には徴収部門と関わることはないでしょう。しかし、必ずしもすべての人が納付期限通りに税金を納めは限らないので、税務署にはこのような部門も設けられています。

なお、税務署の規模によっては管理運営部門も一緒に行う「管理運営・徴収部門」が設けられる場合もあります。

税務署内の事務を総括的に行う総務課

総務課は基本的に税務署内の事務全般を担っている部門です。

部署をまたがる申告書・届出を受け付けたり、税理士制度の運営をしたりしています。また、場合によっては「広報公聴事務官」として、住民の方に税金の大切さを伝えることもあります。さらに「酒類指導官」として、酒税に関する専門的な相談や指導を行うこともあります。

国税局にある「課税部」「査察部」「調査部」

税務署の上部組織として全国に11か所の国税局が設置されています。

ここでは税務署の指導や監督を行ったり、大法人の税務調査や大口滞納の滞納整理なども実施しています。局内には課税部をはじめ、査察部や調査部も置かれます。

  • 課税部:個人や中小法人の税務調査や税務署の指導を担当している
  • 査察部:脱税などの疑いがある納税者に対して、強制調査を実施する
  • 調査部:大法人に関する申告の相談・指導・調査などを行っている

国税局は税務行政の地方拠点として活動しており、査察部(マルサ)では犯則事件の強制調査を実施しています。また、課税部には資料調査課(リョウチョウ)と呼ばれる場所があり、そこでは個人レベルの脱税行為も取り締まっています。

おわりに

税務署が担っている役割には課税業務だけでなく、徴収や調査なども行っています。また、税金に関する啓もう活動も行うなど、税制度を適正に運営できるよう努めています。なお、納税者の規模や案件によっては国税局が担当することもあり、場合によっては査察や任意調査を受ける可能性もあります。

税務調査に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

税務調査に関する税務相談Q&Aをみる

  • 相談役を雇い、給与を払う注意点

    法人会社の社長より、次期社長及び今後の経営権も任せて頂けることとなりました。 現社長は、相談役として私が雇うことになり、手取りで最低25万は欲しいとのこと。 ...
    税理士回答数:  1
    2018年10月19日 投稿
  • 高齢者への税務調査(相続税)

     来月初めに我が家に相続税の税務調査が入ります。税理士の立ち会いがありです。  代表相続人は私、相続人は母です。同居しています。  税務調査の時は高齢者でも途中...
    税理士回答数:  2
    2018年10月19日 投稿
  • 税務調査について

    個人です。生活保護を受給中です。保護受給直前に生活苦で売買した土地の所得税について再三執拗な納付要請があります。現在生活保護受給中なので納付できる余裕などありま...
    税理士回答数:  1
    2018年10月17日 投稿
  • 税務署からの「電話連絡のお願い」というお尋ねについて

    お世話になります。個人事業主です。 先日、突然税務署から「電話連絡のお願い」という内容の手紙が届きました。 「電話連絡をお願いします」以外内容がなく、何について...
    税理士回答数:  1
    2018年10月15日 投稿
  • 税務署の貸借対照表と勘定科目内訳明細書についてのチェック

    お尋ねいたします。 貸借対照表の残高と内訳明細書の残高確認は、銀行のみがして税務署はノータッチと聞いたのですがそんなことってあるのですか? 確かに税務署は税金に...
    税理士回答数:  3
    2018年10月13日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応