税金を支払わなかったり、期限に遅れたりしたらどうなる? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075866977

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 税金・お金のハウツー
  4. 税金を支払わなかったり、期限に遅れたりしたらどうなる?

税金を支払わなかったり、期限に遅れたりしたらどうなる?

監修: 熊代 克己 税理士

納税は国民の義務ですが、うっかり支払いを忘れてしまったり、遅れてしまったり、という事は意外にも多いのではないでしょうか。あわよくば支払わずに・・・なんて考えていると、支払額が増えてしまうことがあるので注意が必要です。

このページでは、ペナルティとして課される税金についてご説明いたします。

目次

申告、納税の不正に関するペナルティ

税金は、期限までに申告をしなかったり、納めなかったり、或いはその金額が少なかったりすると、本来納めるべき税金に加えて、ペナルティとしての税金も課されてしまいます。本来納めるべき税金を本税、ペナルティの税金を付帯税と呼ぶこともあります。

付帯税には、加算税、利子税、延滞税があり、加算税には不正の内容に応じて4種類あります。

加算税とは?

申告、納付した税金が少ない場合

期限内に申告、納付した税金額が本来の金額より少ない場合には「過少申告加算税」が課されます。この金額は不足した税金額の10%です。ただし、不足した金額のうち50万円を越えた部分については、15%の税率となります。税務調査の前に自主的に申告した場合には課されません。

期限までに申告しなかった場合

申告期限までに申告しなかった(申告期限後に申告した)場合には「無申告加算税」が課されます。金額は、支払うべき税金額の15%、ただし不足した金額のうち50万円を超えた部分については20%、税務調査の前に自主的に申告した場合には5%が追加で課されます。初めて確定申告をする方などは申告書の作成の仕方が分からなかったり、思いのほか作業に手間取ってしまったりして、期限までに申告書類が間に合わないということがよくあります。早めに取り組んだり、自身で対応することが難しい場合には、税理士に相談するのもよいでしょう。

源泉徴収税額を納めなかった場合

従業員給与や税理士報酬等を支払う際に、その一部を差し引く源泉徴収税を納付期限までに納めなかった場合には、納付すべき金額の10%の税金が追加で課されます。税務調査の前に自主的に申告した場合には5%となります。

意図的に行われていた場合

隠蔽(いんぺい)や正しい納税が行われたかのように偽装するなど、意図的に税金が払われていないと認められると「重加算税」といって、さらに重い35~40%の税金が課されてしまいますのでご注意ください。

延滞税とは?

税金の支払いが遅れた場合

税金の一部または全部を納付期限までに納付していない(納付期限後に納付した)ときには、支払いが遅れた金額に対してペナルティとして「延滞税」が課されます。利息のような計算となるため、支払いが遅れるほどペナルティ額は増加します。また納付期限から2ヶ月を超えると14.6%(年率)の割合のペナルティとなります。支払いが遅れた場合には、延滞税を支払うよう通知が届きます。

利子税とは?

支払いの遅れを認めてもらった場合

資金繰りがつかないなど、何らかの事情により納付期限までに税金を納めることができない場合、税金の納付期限までに延納申請書と担保を税務署に提出することにより支払いを遅らせることが許可されることがあります(延納)。ただし、このような場合には利息的な税金が追加で課されます。これを「利子税」といいます。利子税も延滞税同様、支払いが遅れるほどペナルティ額は増加します。

地方税にもペナルティがある

上記は、国税に関するペナルティの説明でしたが、地方税にもペナルティはあり、国税に連動してペナルティを課されることが多くあります。その計算における割合、適用条件は国税と同じです。

このように、税金は納付期限までに正しい金額で申告、納付をしないと容赦のないペナルティが発生してしまいます。せっかくのコスト削減、資産運用の成果をあっという間に吹き飛ばしてしまうこともある割の悪いものですので、計画的に正しく申告・納付するよう気をつけましょう。

また、納税を忘れていた事に気づいたら、遅れてもいいのでしっかり確定申告するようにしましょう。その際会計ソフトを使えば確定申告の手間を削減することができるので、検討してみてください。

経費管理や確定申告を楽にしたいなら、

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

税金・お金に関する税務相談Q&Aをみる

  • 業務委託と給与所得の併用の扶養範囲について(公務員の配偶者)

    お世話になります。 ご回答頂けたら幸いです、よろしくお願いいたします。 主人は公務員で、私は配偶者です。 数年前から個人事業主として確定申告しています(青色で...
    税理士回答数:  1
    2020年07月09日 投稿
  • 社会保険強制加入

    扶養でパートで働いているのですが、3ヶ月連続で働き過ぎてしまい、社会保険強制加入になってしまいました。社会保険から抜けたいのですが、条件とかありますか?最短でど...
    税理士回答数:  1
    2020年07月09日 投稿
  • 法人成り

    お世話になっております。 個人事業を営んでいる者です。 所得が800万円以下の場合、 法人化することによる税制面のメリットは大きくないという理解でよろしいでしょ...
    税理士回答数:  1
    2020年07月09日 投稿
  • 持続化給付金 社会人

    会社員を本業として、副業でせどりをやってます。 今回持続化給付金の対象になった認識なので、色々手続きを行なっているのですが一つ疑問に思いました。 国保でないと...
    税理士回答数:  3
    2020年07月09日 投稿
  • 課税証明書をとろうとしたら、申告されていないと言われた

    市役所で課税証明書をとろうとしたところ、申告されていないと言われました。 私はパートで年末調整も会社で行っており、源泉徴収票ももらっていますし、還付もありました...
    税理士回答数:  2
    2020年07月09日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応