ネットショッピングで海外商品を購入したらどうなるの? 個人輸入の税金(関税・消費税)の計算方法 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 税金・お金のハウツー
  4. ネットショッピングで海外商品を購入したらどうなるの? 個人輸入の税金(関税・消費税)の計算方法

ネットショッピングで海外商品を購入したらどうなるの? 個人輸入の税金(関税・消費税)の計算方法

「海外通販」と聞くと、手間がかかる・安全面が心配という印象を持つ方もいるかもしれません。しかし最近では、アマゾンや楽天などの大手通販サイトなどを通じて、手軽に海外の商品を購入できるようになりました。

海外商品を購入する目的は様々ですが、個人的に利用することを目的に海外から商品を取り寄せることを、「個人輸入」といいます。この記事では、個人輸入をした際の税金について解説します。

目次

輸入目的で税金の計算方法が異なる

輸入した商品にかかる税金は、輸入の種類によって課税価格が異なります。課税価格とは関税や消費税をかける基準となる価格のことです。

輸入の種類は、その目的によって大きく二つにわけられます。一つは個人利用を目的とした「個人輸入」、もう一つは商売を目的とした「小口輸入」です。つまり、輸入をビジネスにするか否かで、課税価格も異なるということです。

小口輸入の場合は、海外での販売価格に、送料・保険料、その他手数料を加えた金額が課税価格となります。一方で個人輸入は、海外での販売価格に60%をかけた金額のみが課税価格となります。小口輸入とは違い送料や保険料は含まれないため、同じ値段の商品を輸入しても、課税価格は個人輸入の方が低くなります。

たとえば、海外から5万円の自転車を購入し、5,000円の送料と、1,000円の保険料がかかった場合の課税価格は以下のようになります。

小口輸入の場合  50,000円+5,000円+1,000円=56,000円+その他手数料
個人輸入の場合  50,000円×60%=30,000円

なお、個人輸入した商品を販売することは脱税行為にあたり、関税法違反になります。個人輸入は、自分のためだけに輸入を行うことを指すのでご注意ください。

個人輸入で税金を支払う必要がある人

輸入をすると、必ず税金がかかるというわけではありません。関税定率法によると、「課税価格の合計が1万円以下の場合は、その関税および消費税が免税される」とあります。

個人輸入の課税価格は、商品の購入金額に60%をかけて算出するので、商品の購入金額が16,666円以下であれば「16,666円×60%=9,999.6円」となり、免税の対象となります。ただし、複数の商品を輸入した場合、各商品の購入金額が16,666円以下でも、合計金額が16,666円を超えてしまうと免税にはならないので、注意しましょう

納税義務が発生するのは、課税価格が1万円を超えた場合です。課税される税金は、関税・消費税の2種類です。また、税金ではありませんが、同時に通関手数料も発生します。

関税には2種類の税率があり、課税価格が20万円以下の場合は「簡易税率」20万円を超える場合は「一般税率」が適用されます。

基本的には簡易税率の方が税率は低く設定されていますが、商品によっては一般税率の方が低い場合もあります。課税価格が20万円を超えた場合は全て一般税率が適用されますが、20万円以下の場合は簡易税率か一般税率かを選択できるため、税率表等を見比べて検討してみましょう。

なお、課税価格が20万円を超えた場合は、税関に輸入申告を行わなければならないので注意が必要です。各商品の一般税率と簡易税率は、それぞれ税関のHPの輸入統計品目表と少額輸入貨物の簡易税率から確認できます。

税金を納めるかどうか、関税を簡易税率と一般税率のどちらで計算するかは、以下のフローチャートで確認できます。

酒類・たばこ類にかかる税金

  • 酒類は、関税・消費税の課税対象になると同時に「酒税」も課されます。
  • たばこ類は、課税価格にかかわらず「たばこ税及びたばこ特別税」が必ず課されます。

簡易税率

簡易税率とは、数千種類もある一般税率を7つの税率にまとめたものです。課税価格が20万円以下の商品は、下表の税率にしたがって課税されます。

品目 関税率
ワイン 70円/L
焼酎などの蒸留酒 20円/L
清酒・りんご酒など 30円/L
トマトソース・トマトケチャップ・アイスクリーム・なめした毛皮(ドロップスキン)・毛皮製品など 20%
コーヒー・茶(紅茶は除く)・なめした毛皮(ドロップスキンを除く)など 15%
野菜・果実・穀物・肉・魚・衣類や衣類の附属品(メリヤス編み物またはクロス編み物を除く) 10%
プラスチック製品・ガラス製品・銅製品・アルミニウム製品・家具・玩具・切り花など 3%
ゴム・紙・陶磁製品・鉄鋼製品・すず製品 無税
上記以外のもの 5%

簡易税率が適用されないもの

課税価格が20万円以下でも、以下の商品は簡易税率が適用されません。これらの商品に関しては、一般税率を用いて関税の計算を行います。

  • 穀物
  • ミルク・クリームなど
  • ハムや牛肉・豚肉の食肉調製品
  • たばこ・精製塩
  • 革製品
  • ニット製衣類
  • 履物

課税価格が1万円以下でも免税されない?

基本的に課税価格が1万円以下の場合は免税されますが、以下の商品は課税価格や販売価格にかかわらず、関税と消費税が課税されます。関税は、簡易税率や一般税率で関税を計算しましょう。

  • 砂糖
  • ミルク
  • ハム・ソーセージ
  • たばこ
  • 革製品
  • スポーツ用品
  • ニット製品
  • 履物

たとえば、ハムを個人輸入した場合は、課税価格にかかわらず関税と消費税が課税されます。ハムは簡易税率が適用できないため、関税は一般税率で計算します。

5,000円分のハムと、3,000円分のコーヒーを一緒に輸入した場合は、ハムには税金がかかり、コーヒーには税金がかかりません。この場合、ハムとコーヒーの販売価格の合計は8,000円ですので、課税価格は4,800円となります。課税価格は1万円以下なのでコーヒーは免税されますが、ハムは免税の対象外ですので、ハムの分だけ課税されるということになります。

個人輸入でかかる税金など

個人輸入の際には、免税の場合を除き関税・消費税・通関手数料がかかります。それぞれどのようなものなのか、計算方法を含めて解説していきます。

関税

海外の商品を日本国内に輸入すると、関税がかかります。関税とは輸入品に課される税金で、課税価格に関税率を乗じて算出します。

1本1万円のネクタイを10本、合計10万円分個人輸入したと仮定して、実際に関税額を計算してみましょう。

購入価格10万円に対する課税価格は6万円なので、簡易税率が適用されます。ネクタイは少額輸入貨物に対する簡易税率表での「衣類及び衣類付属品」にあたるので、関税率は10%となります。これを踏まえて関税額を算出すると、以下のような計算式となります。

10万円×60%×10%=6,000円

消費税

海外から商品を購入しても、日本の消費税がかかります。消費税は、課税価格と関税額を足した金額に対して、現在の消費税率である8%を乗じて求めます。上記の10万円分のネクタイにかかる消費税は、以下の計算式で求めることができます。

(10万円×60%+6,000円)×8%=5,280円

通関手数料

海外から輸入された商品は税関で通関手続きを行います。通関手続きは複雑で難しいため、運送業者等が代わりに行ってくれます。この手続きにかかる手数料が、通関手数料です。

商品の運送方法には国際郵便・国際宅配便がありますが、どちらの方法で配送するかによって通関手数料も異なります。

国際郵便を利用した場合は、郵便物1つあたりに一律200円の通関手数料がかかります。

一方国際宅配便は、運送会社によって手数料が異なります。ヤマト運輸や佐川急便といった大手運送会社のほか、DHLやOCSなどの国際輸送を専門としている運送会社もあります。主に商品にかかる税金等によって手数料も変動するので、利用する運送会社のホームページ等で確認をしておきましょう。

税金の納付方法

輸入にかかる税金は、基本的には日本郵政や宅配業者を通して納めます。自分で税関に納めに行く必要はありませんが、国際郵便か国際宅配便か、国際郵便の場合は税額によっても納付方法が異なります。

国際郵便の場合

税額が1万円以下

郵便局から、商品と一緒に「国際郵便課税通知書」が配達されます。そこに記載されている税額と通関手数料200円を配達人に支払うことで、その場で荷物が受け取れます。

税額が1〜30万円

税額が1〜30万円の場合は、商品の配送前に郵便局から納税額の連絡があります。すぐに支払える場合は、商品が配達された時に配達人に税金と通関手数料を支払えば、荷物を受け取ることができます。

すぐに支払うことが難しい場合は、「国際郵便課税通知書」のみが送付されます。そこに記載されている郵便局に行って納付書の交付を受けてから、銀行窓口や郵便局の貯金窓口で納付をすれば、商品を受け取ることができます。

税額が30万円〜

郵便局からの事前連絡等はなく、「国際郵便課税通知書」のみが送付されます。そこに記載されている郵便局へ行き納付書の交付を受け、銀行窓口や郵便局の貯金窓口で納付をすれば、商品を受け取ることができます。

国際宅配便の場合

受取人のかわりに、宅配業者が通関手続きを代行してくれているため、関税等も宅配業者が立て替えてくれます。立て替えてくれた税額と通関手数料は、商品の到着時に配達人に支払うか、後日請求書が送られてきてから支払いましょう。

課税価格が20万円超の場合

課税価格が20万円を超える商品を注文した場合、商品が日本に届くと郵便局から「通関手続の案内文書」が送られてきます。案内文書が届いたら、郵便局や通関業者に輸入通関手続きを依頼するか、必要な書類を揃えて自身で輸入(納税)申告を行います。その後決定された税額を納付した後に輸入が許可されれば、商品が受取人の元に配達されます。

海外で購入した商品を持ち込むとお得?

海外の商品が欲しい場合はネットショップを利用することが多いと思いますが、海外で商品を購入し、自身で日本へ持ち込んだ方が、税金だけを考えるのであれば、節税できる場合があります。

海外から商品を輸入した場合は、課税価格が1万円以下、つまり販売価格が16,666円以下であれば免税されます。しかし海外で商品を購入した場合は、販売価格の合計が20万円以下、酒類・たばこ類・香水に関しては規定の数量以下であれば免税の対象となります。

販売価格の合計は、1点1万円以上のものの合計です。合計が20万円を超えた場合は、超えた部分に対して課税されます。また、1点あたりの販売価格が1万円以下の商品は原則免税となり、1点あたりの販売価格が20万円を超える商品は、その全額に対して課税されます。

【免税の範囲】
品目 数量・価格
酒類 3本(1本760ml)
紙巻たばこ 400本
葉巻たばこ 100本
その他のたばこ 500g
香水 2オンス(1オンス約28ml)
その他のもの 20万円まで

なお、海外で購入した商品を日本に持ち帰ってくる場合は、帰国時に「携帯品・別送品申告書」を提出する必要があります。この書類は全国の空港や港にある税関や、税関のHPで入手できます。必要事項を記入したら、入国した空港や港にある税関に提出します。税関手続きでわからないことがあったら、税関相談官に相談しましょう。

おわりに

個人輸入は課税価格の優遇措置が取られているため、商売目的の小口輸入と比べると、関税や消費税の負担が軽くなります。しかし関税は複雑かつ分類が細かく設定されているので、免税だと思っていても課税されたり、思った以上に関税がかかる場合もあるかもしれません。

そのような心配がないように、免税の対象かどうか、どの税率が適用されるかなどを事前に確認した上で、個人輸入を利用するようにしましょう。

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

税金・お金に関する税務相談Q&Aをみる

  • ローン控除か3000万特別控除か

    H19に購入したマンションを売買し手数料などを引いた利益が1300万あり確定申告で譲渡税を払うか3000万特別控除を使うか考えております。 そしてマンションを売...
    税理士回答数:  1
    2018年12月18日 投稿
  • 開業後、これからかかる税金について

    5月に飲食店のコンサルティングの仕事を始めました。基本的に準備するもの、これからかかる経費も何もなく月に32万ほどの売上です。この場合税金はどのようなものがどの...
    税理士回答数:  1
    2018年12月18日 投稿
  • 所得税の計算方法

    もうひとつ課税所得が3800万円の場合の計算方法もご教授頂きたく思います。
    税理士回答数:  1
    2018年12月18日 投稿
  • 所得税の計算

    課税所得が4500万円の場合の所得税の計算式を教えて頂きたいです。 住民税などの計算は含まなくても良いです。
    税理士回答数:  1
    2018年12月18日 投稿
  • キャバクラの副業について

    9月から昼職を週5で働き、 11月から昼職を週4にし約15万、キャバクラで月11万程稼ぎました。 昼職の会社では社会保険完備で副業の話をしていません。 自分で...
    税理士回答数:  1
    2018年12月18日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応