【一覧】経費にできる税金「租税公課」とは?経費にできる税金とならない税金 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 税金・お金のハウツー
  4. 【一覧】経費にできる税金「租税公課」とは?経費にできる税金とならない税金

【一覧】経費にできる税金「租税公課」とは?経費にできる税金とならない税金

経費にできるものを経費計上しなければ、必要以上の税金を支払うことになり損をすることになってしまいます。

このため、節税の第一歩は、経費になるものを漏らさず把握することといえるでしょう。経費にできる意外なものとして税金が挙げられます。一部の税金については、経費として計上ができます。

このページでは、経費にできる税金と経費にできない税金についてご説明いたします。

目次

租税公課とは?

経費にできる税金は、租税公課という勘定科目で処理されます。租税公課とは、税金や公のために支払うお金のことを指します。租税が国税や地方税などの税金のことを、公課が、国、地方公共団体などの団体から課せられる会費、組合費、賦課金や、罰金などのことを意味しています。

このため、正確には、租税公課の中で、経費にできるものとできないものがあるということになります。その違いについては、以下でご紹介いたします。

経費にできる税金

租税公課で経費にできる税金には、以下のようなものがあります。なお、税金ではありませんが、商工会議所や同業者組合などの会費や組合費のようなものも租税公課として経費にすることができます。

  • 事業用の自動車税、自動車取得税、自動車重量税
  • 事業税、事業所税
  • 印紙税
  • 固定資産税
  • 不動産取得税
  • 登録免許税
  • 都市計画税
  • 地価税
  • 利子税
  • 納付済みの消費税(税込処理方式で経理処理をしている場合)

ただし、この例に当てはまるものでも、事業に関連しないものは経費とは認められないのでご注意ください。たとえば、自宅の固定資産税などは租税公課として経費にすることはできません。個人事業主として、自宅を事務所にしている場合には、自宅での利用分と事業での利用分を按分する必要があることを覚えておきましょう。

経費にできない税金

一方、経費にできない税金には、以下のようなものがあります。

  • 家庭用の自動車関連税
  • 所得税
  • 住民税
  • 相続税
  • 贈与税
  • 加算税、延滞税

加算税や延滞税のような罰則の意味合いを持つものは経費にできません。また、交通違反の反則金なども租税公課には含まれますが、同様の理由から経費にはできません。

国民年金などは控除で節税につながる

国民健康保険や国民年金による負担も、広い意味での租税公課に当てはまるといえますが、これも経費にすることはできません。

しかし、これらは別途、社会保険料控除として、所得から控除することができます。つまり、経費と同様、課税される金額を抑えることにより節税につながります。社会保険料控除などの控除の適用を受けるためには、証明書が必要となります。このため、国民健康保険や国民年金などを支払ったときの証明書は保管するようにしておくと良いでしょう。

また、控除には、様々な種類がありますので、以下の記事もあわせてご参照ください。

おわりに

いかがでしょうか。一見すると経費とは思いづらい税金でも、事業に関するものであれば以上のように経費にすることができます。経費にできるものを漏らさず計上して節税につなげるために、このページが参考になれば幸いです。

税理士をお求めの方は税理士紹介サービスをご利用ください。

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

税金・お金に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応