租税公課とは?税金も会社の経費になる? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075866768

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 計上のハウツー
  5. 租税公課とは?税金も会社の経費になる?

租税公課とは?税金も会社の経費になる?

監修: 猪野 由紀夫 税理士

法人の節税対策を考えるにあたっては、まず経費になるものを漏れなく計上することが基本中の基本といえます。そんな中、本来は経費になる出費にも関わらず、漏れてしまいやすいのが「租税公課」です。

租税公課の中には、会計上と税務上の処理が違うものがあるため、間違いや勘違いを防ぐ必要があります。

目次

租税公課とは

租税公課とは、国税と地方税である「租税」と、国や地方公共団体が課す賦課金や会費、組合費、交通反則金といった罰金などのことを意味しています。

まずは、租税と公課に分類されるものの具体例について見ていきましょう。

租税の具体例

租税とは、主に以下のような税金のことをいいます。

  • 利益に対して課税される税金
    法人税、法人住民税、法人事業税など、会社の利益に対して課税される。
  • 取引に対して課税される税金
    消費税、地方消費税、印紙税、不動産取得税など、会社が何らかの取引をした際に課税される。
  • 資産を保有していることに対して課税される税金
    固定資産税、自動車税、軽自動車税など会社が一定の資産を保有していることに対して課税される。
  • 給与、賞与に対して課税される税金
    支払い対象者から預かった源泉所得税所得税及び復興特別所得税、住民税など、従業員の給与から天引きして会社が納める税金。
  • 登記する際に課税される税金
    会社の設立登記や、会社が不動産を購入した時の登記に対して、登録免許税が課税される。
  • 税金の延滞に対して課税される税金
    延滞税、加算税、重加算税など税金を滞納したことに対して課税される税金。

公課の具体例

公課とは、主に以下のような費用のことをいいます。

  • 社会保険料
    厚生年金、健康保険、介護保険、雇用保険、労災保険など、会社と従業員が一定割合を負担して支払う保険料。
  • 会費
    会社が所属している商工会議所や組合、町内会、協会などに対して支払う会費。
  • ペナルティ関係
    罰金、科料、過料など会社が法律違反をしたことに対するペナルティ。
  • 定款認証手数料
    会社設立登記をする際に、公証役場で支払う手数料。

損金算入できない租税公課

会計上では経費として計上しているものでも、以下の租税公課については、法人税法上で損金不算入となります。

  • 利益に対して課税される税金
    法人税、地方法人税、法人住民税については損金不算入です。ただし、法人事業税のみ損金算入がみとめられています。
  • ペナルティ関係
    延滞税、加算税、重加算税、罰金、科料、過料など会社のルール違反に対して課税されるペナルティ関係については、損金不算入です。
  • 源泉所得税、住民税
    源泉所得税は従業員から徴収して会社が預かって納付しているだけなので、損金不算入です。会計上は「預かり金」等で処理をします。

損金算入できる租税公課と計上時期

租税公課のうち、「損金算入できない租税公課」以外のものについては、原則として損金算入が可能です。

損金算入できるタイミングは原則として支出した時ですが、次の公租公課については間違いやすいため注意しましょう。

酒税、法人事業税など(申告納税方式)

申告納税方式による租税は、申告書を提出した事業年度に計上します。また、更正や決定があったものは、更正・決定のあった事業年度となります。

その事業年度の直前事業年度分の事業税及び地方法人特別税については、その事業年度終了の日までに、全部または一部の申告、更生または決定がされていない場合でも、その事業年度の損金に算入できます。

また、酒税や事業所税について、未払いで損金処理していた場合は、未払い計上した事業年度の損金とすることができます。

消費税

税込みで経理処理をしている場合は、申告書を提出した事業年度に計上します。ただし、未払いで損金処理していた場合は、未払計上した事業年度の損金とすることができます。

不動産取得税、固定資産税、自動車税など(賦課課税方式)

賦課課税方式による租税は、国や地方自治体から賦課決定があった事業年度に計上します。

ただし、実際に納付した事業年度と異なる場合は、納付した事業年度の損金とすることができます。

経由引取税、入湯税など(特別徴収方式)

特別徴収方式による租税は、申告書を提出した事業年度に計上します。また、更正や決定があったものは、更正・決定のあった事業年度となります。

ただし、未払いで損金処理していた場合は、未払い計上した事業年度の損金とすることができます。

印紙税

課税文書に印紙を貼って、消印をして使用した時に計上します。収入印紙を購入して未使用の段階では、「貯蔵品」など資産として仕訳をします。

社会保険料

労使折半のうち会社が負担する部分については、損金として認められます。社会保険料の計算の対象となった月の月末に計上します。

期中の会計処理について

一般的に租税公課と言われているものについては、勘定科目でも「租税公課」に仕訳をしているケースがありますが、損金にならないものまで租税公課に仕訳してしまうと、期の途中で利益を把握しにくくなります。

損金にならない租税公課については、「法人税、住民税及び事業税」といった別の科目で仕訳するようにしましょう。

ただし、損金にならない租税公課のうちペナルティ関係については、常時発生する性質のものではないので、損金にはならないものの、経理処理上は「租税公課」に仕訳をして、法人税を計算する際に損金から除外するという処理をします。

おわりに

租税公課に損金になるものとならないものがあるということは、会計上の仕訳と税務上の取り扱いにずれがあるということに留意しなければなりません。

会計上は経費として処理しているものでも、税務上は損金として認識されないものがあるので、会計上の当期利益と税務上の所得金額は一致しないため、適切な税効果会計(ずれの調整)の処理が必要になるのです。

処理に不安のある方は、顧問税理士などに相談してみてください。

計上に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

計上に関する税務相談Q&Aをみる

  • 経費計上

    お世話になっております。 個人事業を営んでいる者です。 携帯端末を購入しましたが、たとえば仕事で3割を使用している場合、端末費の3割を経費として計上してよろしい...
    税理士回答数:  1
    2019年12月14日 投稿
  • 建設業の原材料仕入高の計上について

    お世話になります。 夫が一人親方で独立したばかりで、妻の私が勉強しながら経理をしております。初歩的な質問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 空調工事のため...
    税理士回答数:  1
    2019年12月13日 投稿
  • 家賃について

    お世話になっております。 本年4月より、個人事業主になり、確定申告を初めて致します。 今までは、主人名義のマイホームの一室を使用しておりましたが、きちんと仕事...
    税理士回答数:  2
    2019年12月13日 投稿
  • 廃業 確定申告について

    廃業時の確定申告について質問です。 7/15に飲食店を廃業しました。廃業後に食品を仕入先に返品し、30000円戻ってきた場合、決算時の仕訳はどうなるのでしょうか...
    税理士回答数:  2
    2019年12月12日 投稿
  • クレジットカード・電子マネーの決済手数料の仕訳について

    現在AIRペイを導入しクレジットカードと交通系ICカードなどの電子マネーでの支払いが可能になっています。 決済手数料が差し引かれて入金されるのですが、クレジット...
    税理士回答数:  1
    2019年12月12日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応