ソニー、上場以来初めての「無配当」これまで「赤字」でも株主に配当できたのはなぜ? - 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 決算申告
  4. ソニー、上場以来初めての「無配当」これまで「赤字」でも株主に配当できたのはなぜ?

決算申告

ソニー、上場以来初めての「無配当」これまで「赤字」でも株主に配当できたのはなぜ?

ソニー、上場以来初めての「無配当」これまで「赤字」でも株主に配当できたのはなぜ?

ソニーは9月、株主に対する配当を見送ることを発表した。株主に対する配当がないのは、1958年に上場して以来56年間で、初めてのことだ。

ソニーは配当しない理由について、「モバイル・コミュニケーション分野における減損計上による2014年度連結業績見通しの下方修正を勘案」したとしている。ざっくり言えば、予定していた利益が出ずに、赤字が膨らんでしまったということだ。

たしかに、配当は、会社の儲けを株主に対して分配するというイメージがある。儲けがなければ、配当が出ないのは当然のようにも思える。

しかし、ソニーはこれまで赤字の時でも配当をしてきたそうだ。そもそも会社が赤字の時に、どうして株主に配当できたのだろうか。税理士でもあり、公認会計士でもある力丸宣康氏に聞いた。

●会社が赤字でも、配当してよい場合がある

「株主に配当をするかしないかは、当期の純利益のみで判定するわけではありません。それまでに蓄えてきた『内部留保』があれば配当が可能です。

ごく簡単に言えば、今年1年だけを見て赤字でも、会社にそれまで貯めてきたお金があれば、配当してもよいということです」

では、赤字だろうと何だろうと、いくら配当しても問題ない?

「そういうわけではありません。配当をするにあたっては、会社法のルールを守らなければいけません」

どんなルールだろうか?

「株主に対して支払われる配当は、『剰余金の分配可能額』を超えてはならないというルールです。

『剰余金』とは、会社が事業などで得た利益のことです。『剰余金』は、すぐ株主に配当してもよいのですが、そうせずに『内部留保』として貯めておくこともできます。

『分配可能額』とは、その時期に株主に配当してよい金額の上限のことです。計算方法は会社法の461条2項に書いてありますが、ややこしいので省略します。

まとめると、『分配可能額』の範囲内であれば、会社は配当する額を自由に決めることができるんですね」

●ルールを無視すると「違法配当」になる

その範囲を超えて、配当をしたらどうなるのだろうか?

「この『分配可能額』を超えて株主に対する剰余金の配当を行った場合、その配当は違法な配当です。

株主、業務執行者および剰余金の分配に関する諸案を提出した取締役は, 会社に対し連帯して支払義務を負います」

力丸税理士はこのように指摘していた。

【取材協力税理士】

力丸 宣康(りきまる・のぶやす)税理士・公認会計士

新日本有限責任監査法人を経て、福岡市中央区天神にて開業。“経営者と想いを共有する”を理念に、孤独な存在である経営者のサポートを全力で行っている。学生時代ラグビーで培った、実直さ、フットワークの軽さが持ち味。

事務所名 :力丸公認会計士事務所

事務所URL:http://www.rikimaru-cpa.com/

(税理士ドットコムトピックス)

決算申告の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!