法人決算申告の延長方法まとめ【各種申請書類の解説付き】 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 決算申告
  4. 決算申告のハウツー
  5. 法人決算申告の延長方法まとめ【各種申請書類の解説付き】

法人決算申告の延長方法まとめ【各種申請書類の解説付き】

会社は定款等に定めた期間ごとに決算をまとめ、株主総会や社員総会での承認を得て、それによって確定した決算に基づいて申告・納税を行う必要があります。申告・納税の期日は定めた決算日の翌日から2ヶ月以内となっています。例えば、決算が3月31日の場合、5月31日が申告期限となります。

この期限を過ぎてしまった場合、様々なデメリットがあります。例えば、社長や経理担当者が病気等によって会社に来られなくなってしまい、決算申告に間に合わせることが難しい場合もあるでしょう。

このようなときに、決算申告の延長申請を行えば最大1ヶ月延長することができます。今回は決算申告について、遅れてしまった場合のデメリットから、延長手続きの方法までをまとめました。

目次

決算申告に遅れるデメリット

期限後申告は企業にとって大きなマイナスになります。提出期限に1日でも遅れると最大20%の無申告加算税の対象となります。本来納める税金より多くの税金を課せられることになり、大きなデメリットと言えるでしょう。(法定申告期限から2週間以内に自主的に期限後申告書を提出し、法定納期限までに全額納税した場合、無申告加算税は加算されません。)

また、青色申告無効になってしまうというリスクもあります。2期連続で期限内での提出ができなかった場合、青色申告の承認が取り消されてしまいます。青色申告の取り消しのデメリットとして以下のようなものが挙げられます。

  • 会計年度をまたいでの黒字と赤字の相殺ができなくなる。
  • 節税がしづらくなる。

このようなデメリットを防ぐためにも、遅れてしまう可能性があるときは、決算申告の延長手続きを検討すると良いでしょう。

決算申告を延長できる2つの条件

申告を延長するためには以下2つの条件を満たしている必要があります。

  1. 定款で株主総会が決算日から3ヶ月以内に定められていること
  2. 最初に適用を受けようとする事業年度終了の日まで、または連結事業年度終了の日の翌日から45日以内に書類を提出すること

例えば、定款に「株主総会が決算日から2ヶ月以内」と記載されている場合は、この条件を満たしていません。しかし、定款は変更することができます。もし、定款によって株主総会が決算日から3ヶ月以内に定められていない場合は変更をお勧めします。

株主総会が決算日から3ヶ月以内であれば、申告期限までに株主総会が開催されない可能性があり、その場合は、決算を申告期限までに確定させることができません。このような理由から申告期限の延長が認められています。

また、申請の手続きには期限が設けられているので、期限を過ぎてしまうことのないよう早めの申請をお勧めします。

簡単!延長できる3つの申告とその手続き方法

延長手続きによって、延長できる申告は以下の3種類の税金の申告です。

      • 法人税
      • 事業税・都道府県民税
      • 市町村民税

ただし、手続きを行った場合でも、納税期限は延長されないので注意しましょう。納税が遅れてしまった場合、利子税が課せられてしまいます。また、消費税には延長の制度は無いのでご注意ください。

法人税申告の延長手続き

納税地の所轄税務署に「申告期限の延長の特例の申請書」を提出します。用紙は国税庁のホームページからダウンロードすることができます。以下がその書類です。

法人名など必要事項を記入します。延長申請の理由の欄には定款により、事業年度終了日の3ヶ月以内に株主総会を招集するため、申告の期限までに決算が確定しない旨を記載しましょう。申告の延長を受ける権利があることを証明するために定款等のコピーを添付します。

事業税・都道府県民税申告の延長手続き

各都道府県税事務所に「申告書の提出期限の延長の処分等の届出書・承認申請書」を提出します。例として、東京都の「申告書の提出期限の延長の処分等の届出書・承認申請書」をご紹介します。

所在地、法人名など必要事項を記入します。また、延長申請の理由の欄には定款により、事業年度終了日の3ヶ月以内に株主総会を招集するため、申告の期限までに決算が確定しない旨を記載しましょう。税務署に提出した「申告期限の延長の特例の申請書」のコピーと、定款等のコピーを添付します。

市町村民税申告の延長手続き

市町村民税に関しては各市町村ごとに申告方法が異なるので、詳しくは各地町村に問い合わせてご確認ください。例として、大阪市の届出書類(法人・事務所等異動届をご紹介します。

異動事項という項目の6 その他欄内に申告期限の延長と記入します。異動後欄に法人税において認められた延長月数及び延長が開始する事業年度を記入しましょう。異動年月日欄には税務署に申告期限の延長の申請を行った日を記入します。税務署に提出した「申告期限の延長の特例の申請書」の写し、または都道府県に提出した「申告書の提出期限の延長の処分等の届出書・承認申請書」の写しを添付し、最寄の市税事務所に提出します。

おわりに

決算申告の延長申請のメリット、申請の流れはおわかりいただけたでしょうか。簡単な手続きのみで延長をすることができるので、早めに申請するようにしましょう。申告に間に合わない可能性がある場合には、早めに延長を検討し、手続きを進めると良いでしょう。

決算申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

決算申告に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応