大谷の来季年俸が43億円に大幅増、税金は日米でどれくらい違う? - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075861865

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 大谷の来季年俸が43億円に大幅増、税金は日米でどれくらい違う?

大谷の来季年俸が43億円に大幅増、税金は日米でどれくらい違う?

税金・お金

大谷の来季年俸が43億円に大幅増、税金は日米でどれくらい違う?
チーム年間MVPを受賞した大谷翔平投手(写真:AP/アフロ)

米大リーグ・エンゼルスは10月1日(日本時間2日)、大谷翔平選手と年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約で合意したと発表した。

大谷選手は昨季300万ドル、今季550万ドルであったため、来季は5倍以上の大幅アップとなる。報道によると、年俸調停をせずに1年契約をした選手の中では史上最高額になるという。

今季の大谷選手は、10月2日時点で、打者として打率.276、本塁打34本と活躍する一方で、投手としても15勝8敗、防御率2.35と好成績をあげていた。

来季はさらに巨額の年俸になるが、税金はどのくらいになるのか。もし日本で同額の年俸になる場合と比べて、税金はどう違うのか。福留聡税理士に聞いた。

●カリフォルニア州在住の場合の税金は?

前提として、独身でカリフォルニア州(アナハイム)在住として、年俸=事業利益=課税所得と仮定して米国所得税を算定します。

米国在住183日以上で米国所得税の申告義務者になります。なお、カリフォルニア州は住んでいる間の所得全てに対して州税がかかります。

ちなみに、大谷選手は日本の所得税法上は非居住者のため(国内に「住所」があり、または、現在まで引き続いて1年以上「居所」がある個人である居住者以外を非居住者と言います)、国内源泉所得(日本国内で獲得した所得)のみ所得税率20.42%で日本の所得税が源泉徴収されますが今回のケースでは、日本での収入はないものと仮定し日本の所得税は0と仮定します。

大谷選手の現在の米国連邦所得税は3,000万ドル×37%(最高税率)=1,110万ドル、1ドルおおむね145円のため、米国所得税はおおむね16億950万円になります。

さらに、カリフォルニア州税は、最高税率の12.3%が適用されます。計算式は、60,789.92ドル+12.3%×(625,369 ドルを超える部分)となります。

年俸の3,000万ドルを当てはめると、60,789.92ドル+12.3%×(30,000,000ドル-625,369ドル)=3,673,869.53ドル、1ドルおおむね145円のため、カリフォルニア州税はおおむね5億3271万円になります。

所得税+州税を合計すると、おおむね21億4221万円になります。

●日本在住の場合の税金は?

仮に大谷選手が日本で同じ年俸を得ている(そのため日本居住者を前提)と仮定し、年俸=事業利益=課税所得と仮定すると、日本の場合は5%から45%の7段階であり、税額控除等を無視すると課税所得40,000,000円以上で課税所得に所得税率45%を乗じた税額から4,796,000円を控除した金額が所得税になります。

日本の個人住民税は税額控除等を無視すると課税所得に住民税率10%を乗じた税額に均等割5,000円が加算されます。

日本では、所得税及び住民税合計は、税額1万円未満は無視すると43億4千万円×45%-4,796,000+43億4千万円×10%=23億8,220万となります。

所得税の国税+地方税合計で日本のほうが米国よりも2億3,999万円税額が高くなります。

【取材協力税理士】
福留 聡 (日本・米国ワシントン州)公認会計士、(日本・米国)税理士、行政書士
監査法人で上場企業の監査業務等を経験後、IPO支援、決算支援、IFRS導入支援、日米の法人の税務顧問等を行っている。本、雑誌、DVD等で約50の出版をしており、代表的な著作として『7つのステップでわかる税効果会計実務入門』がある。
事務所名 : 福留聡税理士事務所、福留聡国際会計アドバイザリー株式会社、福留聡クラウド会計給与合同会社
事務所URL:http://www.cpasatoshifukudome.biz/

税金・お金の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

会員登録でメルマガをお届け!

税務のお役立ち情報を
無料でお届けします

登録する

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を名乗る業者にご注意ください!