合同会社に強い税理士の無料紹介・相談 - 税理士ドットコム

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 合同会社
合同会社

合同会社の設立に必要な費用、手続き

起業をこれから考える方や、個人で事業を営んでいる方にとって、会社を設立するかどうか、どのように設立するかは悩ましい問題となるでしょう。小規模な事業であれば、合同会社という形態も選択肢の一つとなります。費用や手続き、かかる税金などの面でのメリット・デメリットを理解し、自身にフィットした事業形態を検討しましょう。

合同会社とは

合同会社は、2006年の会社法改正以降、新たに設立を認められるようになった会社です。出資者が、供出した資本金の範囲内で責任を負う会社となっています。少人数で小規模の事業を行う上では、株式会社よりも手軽に設立でき、個人事業主よりも税金が優遇される形態となります。事業が成長すれば、株式会社へ移行することもできます。

ただし、赤字でも税金が発生する上、会計処理を厳密に行わなければならないなど、個人事業と比べると手間や責任が大きくなります。

株式会社との違い

合同会社は、株式会社よりも柔軟な運営が可能になっています。

株式会社が上げた利益の配当は、発行した株式の保有割合によって決まりますが、合同会社では出資額にかかわらず、社員の合意で配分が決められます。一人での設立も可能な上、設立や運営にかかるコストも低くなります。

反面、社員の合意を軸に会社が動いているので、社員同士の対立が起こると、意思決定が滞ってしまいます。株式会社ほど世に知られた会社形態ではなく、イメージや信用力も株式会社ほど安定しないので、企業相手の取引や資金調達では、不利な立場に置かれます。こうした特徴から、個人向けの小規模な事業に適した会社形態となっています。

設立までの流れ

以下が合同会社の設立に向けた一連の流れになります。申請から認可まで約2週間かかります。詳細は会社設立の手続き・流れをご参照下さい。

会社名の決定

「合同会社」という文字を会社名の前か後ろに付けます。同名の会社が既にある場合でも登録できますが、商号の不正利用とならないよう、有名企業や近い業種の企業と同じ名前にするのは避けましょう。

法人印と定款作成

会社名の入った印鑑を作成します。実務上、他にもいくつか印鑑が必要になるので、まとめて作成することになります。併せて、会社の業務や組織体系をまとめた定款を作成します。株式会社の設立時には公証人による定款の認証が必要ですが、合同会社の場合には必要ありません。

出資金の払込

会社で使う銀行口座に、出資者全員が入金したことを記帳します。登記申請に備え、残高証明書と通帳のコピーを用意します。

登記申請

必要な物が揃ったら法務局に申請します。

手続きにかかる費用

手続きを進めるためには、以下の費用が必要になります。

  • 定款印紙代:40,000円
  • 登記印紙代:60,000円
  • 会社印作成費用:約20,000円

定款は電子化すると印紙代が不要になりますが、作成が以上を合計すると、およそ12万円となります。これに加えて、行政書士などに手続きの代行を依頼すると、別途費用がかかります。

設立後に生じる手続き

登記が認定されると、会社が設立されます。その後、都道府県の税事務所と、所轄の市区町村の役場へは1か月以内に、税務署へは2か月以内に届出を済ませる必要があります。

おわりに

会社の設立後は、個人事業とは違った新たな業務が多く生じます。起業支援が豊富な税理士に相談することで、助成金など、税務以外のポイントも含めアドバイスを受けることができます。会社設立に強い税理士の選び方も参考の上、事業を充実させていきましょう。

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

会社設立に関する税務相談

創業費、開業費の取り扱いについて

創業費、開業費と決算について知識が乏しく困っています。 2月1日に合同会社を設立し、実際に開業するのは4月1日を予定しています。決算を3月としていますが、創業費...

税理士回答数 :  2 2017年02月20日 投稿

個人事業主としての届出の必要性について

年間20万円以内の売り上げでも他人から収入を得るのであれば、個人事業主として開業する必要があるのでしょうか? 税金を支払う必要はありますか? 副業で20万円以内...

税理士回答数 :  1 2017年02月18日 投稿

青色申告専従者給与の会社役員就任について

現在、父の事業の専従者として青色申告専従者給与を受給しています。 今回、太陽光発電事業専門の合同会社を設立し、私が代表社員に就任して役員報酬を得る予定です。なお...

税理士回答数 :  1 2017年02月17日 投稿

夫婦でそれぞれ事業を行う際にかかる税金について

夫が会社勤めで年収800万、妻はパートで年収90万(扶養内)の状況で 夫と妻が青色申告をし、ダンススタジオを始めます。(夫は副業可であることは確認済み、妻はパー...

税理士回答数 :  2 2017年02月16日 投稿

利益連動の役員報酬について

初めて投稿します。 新しく登記する法人で、役員報酬を利益連動にしたいのですが、 損金算入が出来ない旨、顧問税理士より伺いました。 役員報酬をゼロにして、上手に...

税理士回答数 :  1 2017年02月15日 投稿

会社設立の税務相談をもっと見る

合同会社の関連カテゴリ

税理士の無料紹介

税理士選び〜契約までサポート

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

税理士紹介サービスの詳細はこちら

登録税理士数
2,150
相談件数
23,286

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

「税理士に頼むべき?」という質問でも構いません

お客さまのケースに合わせて、最適な税理士をピックアップ

税理士無料紹介の24時間受付相談窓口

通話料無料 0120537024