クリニックや病院の税理士顧問料はいくら?医業に強い税理士の特徴を解説

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075867700

  1. 税理士ドットコム
  2. 顧問税理士
  3. 顧問税理士のハウツー
  4. クリニックや病院の税理士顧問料はいくら?医業に強い税理士の特徴を解説

クリニックや病院の税理士顧問料はいくら?医業に強い税理士の特徴を解説

取材協力: 小林 拓未 税理士

自身で患者さんを診ながら経営も担っている場合、経理や会計業務は税理士にお願いすることで本業に専念できます。しかし、気になるのが予算のことではないでしょうか。そこで、クリニックや歯科医院、病院における税理士の顧問料実例をご紹介します。また、顧問税理士をつけるメリットや税理士の選び方について、税理士法人石川小林の小林拓未税理士にお話を伺いました。

目次

実際いくら?クリニックや医院の税理士顧問料実例

税理士ドットコムが運営する「税理士紹介サービス」では、クリニックや医院を営む方から多くのお問合わせをいただいています。そこで、これまでに寄せられたご相談の中から、実際に顧問契約に至った方の顧問料実例を紹介します。

実例1)年間顧問料:750,000円

売上高:1億5千万円/内科クリニック(神奈川県)

長年お付き合いされてきた税理士がご高齢になったことをきっかけに、変更したいというケースです。医療経験のある個人事務所が希望というご相談でした。

医療法人化の検討も含めて相談できる税理士が見つかり、記帳代行、年末調整、確定申告料込み年間750,000円(税別)でご契約となりました。

実例2)年間顧問料:360,000円

売上高:2500万円/歯科医院(岐阜県)

契約されていた税理士との契約終了に伴い、税理士をお探しというケースです。歯科医院を経営されており、同業種の顧問経験がある税理士が希望というご相談でした。

これまでの顧問料よりも抑えたいので、ご予算は45万円程度とのご意向でした。定期的な訪問と記帳代行を無しにすることで減額交渉に成功し、確定申告料込み年間36万円(税別)でご契約となりました。

実例3)年間顧問料:280,000円

売上高:1200万円/医療法人(宮城県)

契約中の税理士に対しサービス面で不満があるため、変更したいというケースです。これまでと同程度の顧問料を希望で、年末調整と決算料込み年間28万円(税別)でご契約となりました。

実例4)年間顧問料:1,000,000円

売上高:1億円/専門クリニック法人(東京都)

書類作成のみを依頼している税理士がいるが、今後は毎月訪問で積極的に関与してもらえる税理士に変更したいというケースです。依頼者様が契約しているコンサルティング会社との連携をしつつ、経営や財務のアドバイスができる税理士が希望というご相談です。

複数の税理士と面談し、その中から医療業界に明るい税理士をお選びになり、年末調整、記帳代行、決算料込み年間100万円(税別)でご契約されました。

顧問契約のメリット

税理士と顧問契約するかどうかは、顧問料の金額だけでなく、契約するメリットも合わせて考慮し検討するとよいでしょう。そこで税理士法人石川小林の小林拓未税理士に、クリニックや医院を営む方が税理士と顧問契約するメリットがどのようなものか、お聞きしました。

税理士をつける利点はなんでしょうか?

ー 小林拓未 税理士

税理士をつけることにより、適正な税務申告を行うことができるのは言うまでもありませんが、加えて税務や助成金の情報など、事業をより良くする提案が受けられることも利点でしょう。

また、顧問先のほかのクリニックの事例を知ることができることや、トラブル発生の際に弁護士などの適切な専門家の紹介が受けられることもあります。

医業における税理士選びのポイント

税理士とひと口にいっても、医者と同様、専門分野があったり得意としている税法が異なったりと、様々なタイプがいます。そのため、実際に税理士を探すときも、どういう基準で選ぶべきか悩まれる方も多いようです。

医業の方はどのような基準で税理士を選べばよいでしょうか?

ー 小林拓未 税理士

医業の税務は一般法人と比べて特殊であり、具体的に異なる点は、大きく以下の3つです。

  • 医療法人会計基準等の定めにより、一般的に使用される勘定科目や計算書類の形式が異なる
  • 事業税の計算が異なり、総収入に占める社会保険診療報酬に係る部分については、非課税とされている
  • 社会保険診療報酬が5000万円以下である場合、概算経費が認められている

そのため、医業の会計、税務の経験が豊富で、できれば同じ診療科目の顧問先を持っている税理士が望ましいといえます。

また、一般的に院長先生個人の所得も多額になりますので、個人の税金対策、将来の相続対策についても適切なアドバイスを行うことのできる税理士であれば、なお良いといえます。

クリニックや医院の税務に強い税理士をお探しのときは

「契約中の税理士の引退に伴って新しい税理士を探している」「税金が高いので積極的に節税アドバイスをしてくれる税理士が良い」など、税理士選びでお悩みの方は、税理士ドットコムの<税理士紹介サービス>までお問い合わせください。経験・実績豊富なコーディネーターがご要望に合う税理士をご提案します。

顧問税理士に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る
他の税務相談を探す
分野

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る