一人親方の税理士費用はいくら?料金実例や顧問をつけるタイミングについて

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075867700

  1. 税理士ドットコム
  2. 顧問税理士
  3. 顧問税理士のハウツー
  4. 一人親方の税理士費用はいくら?料金実例や顧問をつけるタイミングについて

一人親方の税理士費用はいくら?料金実例や顧問をつけるタイミングについて

取材協力: 内山 瑛 公認会計士・税理士・行政書士

建設業などをひとりで営む個人事業主や法人経営者(いわゆる一人親方)も、税理士との顧問契約を検討すべき場合があります。具体的にいくらかかるのか、実際の契約データをもとにした料金実例を紹介します。

また、内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所の内山瑛先生に伺った「税理士選びのコツ」などを解説します。

目次

一人親方の税理士費用はいくら?

確定申告を税理士に依頼した場合の相場は、5万~15万円程度です。売上1000万円を超えると消費税申告も必要になるため、相場は10万円程度~となります。

顧問契約をした場合、月額顧問料の相場は1万〜2万円程度から、さらに、確定申告料が月額顧問料の4〜6か月分程度加算されます。

開業したてであれば初年度の顧問料が通常よりも引き下げてもらえたり、反対に、売上が多い場合や記帳代行なども依頼する場合は、その分報酬額が加算されます。

では、税理士ドットコムにこれまでに寄せられた約10万件の相談実績(※)をもとに、一人親方で税理士と顧問契約した方の料金実例をみていきましょう。

※税理士ドットコムの「税理士紹介サービス」に寄せられたご相談

実例1)年間顧問料:120,000円

鳶職/売上高1400万円(個人事業主・香川県 Sさま)

これまで確定申告のみを知人の税理士に依頼されていましたが、法人化検討のために、新たに顧問税理士をお探しというご相談です。

日々の記帳は自身でされるということと、法人初年度であるということで、年間12万円(税別)という特別価格で契約となりました。

実例2)年間顧問料:200,000円

土木業/売上高1000万円(個人事業主・千葉県 Nさま)

これまで自身で確定申告をされてきましたが、青色申告への切り替えに伴い、経費の計上などをきちんと正しく行いたく、税理士に顧問を依頼したいというご相談です。

2名の税理士と面談され、提案内容や相性面で今後長くお付き合いできそうな税理士と、記帳代行・年末調整込みで年間20万円(税別)でご契約されました。

実例3)年間顧問料:120,000円

建設業/売上高500万円(法人・埼玉県 T社)

一人親方として建設業を営まれている方からのご相談で、これまでご契約されていた税理士の顧問料が高いと感じたため、変更を検討しているというケースです。

月々の訪問なし記帳代行なしを条件に、年間12万円(税別)でご契約されました。

一人親方に顧問税理士は必要?

顧問税理士をつけると、当然それなりの費用がかかります。その一方で、記帳や税務申告を代行してもらえるの「本業に集中できる」「節税などのアドバイスが受けられる」などのメリットがあり、良い税理士と契約できれば、費用以上の効果が得られることもあります。

そこで、税理士の選び方や顧問契約すべきタイミングについて、内山瑛公認会計士・税理士・行政書士事務所の内山瑛先生に伺いました。

一人親方として事業を営んでいる方は、どういったタイミングで税理士の顧問契約を選択すると良いでしょうか?

ー 内山瑛 税理士

ひとつの基準としては、年間の売上が1,000万円を超えたタイミングになります。

年間の売上が1,000万円を超えると消費税の計算・申告・納付を行う必要がありますが、消費税申告書の作成は、所得税の青色申告決算書と比べて難易度が高く、会計や税務に親しんでいない人や適性のない人が行うことが難しい傾向にあります。

また、売上が1,000万円を超えるということは、その分事業が順調になるということですので、元請案件が発生してきたり、外部の業者を使うようになったりするなど、取引も複雑化する傾向にあります。そういった点でも、売上1,000万円というのが税理士との顧問契約を検討すべき大きなタイミングのひとつとなるでしょう。

もちろん、数字の計算が苦手という方については、開業当初から税理士をつけるという選択をするのもよいでしょう。

一人親方が税理士と顧問契約する場合、どのような税理士を選べば良いでしょうか?

ー 内山瑛 税理士

税理士というより、事務所の方針が自分の依頼したい内容にあっているかどうかの確認を行う必要があります。

経営コンサルティングがメインであったり、節税提案に力を入れていたり、丸投げによる記帳代行に力を入れていたりと、会計事務所によって力を入れるポイントはさまざまです。

100点満点の事務所はなかなかありません。自分が税理士に何を期待するかによって、どの事務所にするか異なってきます。

財務的なアドバイス融資のコンサルティングがほしいのか、記帳代行をできるだけ安価にやってほしいのか等、ニーズはさまざまであると思いますので、自分がなんのために税理士を探しているのかをまずはっきりさせることが必要と考えます。

一人親方に強い税理士をお探しのときは

「仕訳をしている時間がないので記帳代行を丸投げしたい」「現在契約している税理士の顧問料が高い」「法人化を検討しているので税理士に相談したい」など税理士選びでお悩みの方は、税理士ドットコムの<税理士紹介サービス>までお問い合わせください。経験・実績豊富なコーディネーターがご要望に合う税理士をご提案します。

顧問税理士に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る
他の税務相談を探す
分野

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る