税理士ドットコム - [相続財産]相続した土地、家を売却する場合の税金について - お話をまとめると、評価額500万円の建物付土地を15...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 相続した土地、家を売却する場合の税金について

相続した土地、家を売却する場合の税金について

自分の父が亡くなりマイナスが150万円ありました。
父名義の土地と家が(500万評価)ありました。
そこで近隣の多数の不動産屋に売却をお願いしたが、辺鄙な場所にあるので買い取ってもらえず、放棄しようと考えていました。最終的に父の近所に住む親戚に相談したところ、借金の金額を出してくれる代わりに家を買ってくれる事になりました。兄弟2人ですが、これに賛成です。遠方で管理も維持も借金返済もできない状態でしたので、助かる思いですが、あとで私たち兄弟に多大な税金がかかるのではないかと不安になりました。名義は父名義のままなんですが、父の実姉の旦那の甥っ子に父名義から譲る事は可能でしょうか?

※過去に弊社サービスにお問合せ頂いた質問を転載しています

税理士の回答

お話をまとめると、評価額500万円の建物付土地を150万円で売却するということでよろしいでしょうか。
評価額と言うのは固定資産税評価額でしょうか?相続税評価額でしょうか?相続税評価額として話をすすめます。

課税上問題となるのは、買い手の方が500万円もするものを150万円という安い値段で買ったということです。
この場合買い手の方に贈与税が課税されることとなります。
単純に考える金額はざっと(500万円-150万円-110万円<基礎控除額>)×15%-10万円=26万円といった感じです。

しかしご記載のケースは、不動産屋が買い取ってくれないような場所と言うことで、課税されないかもしれません。
上記は相続税評価額を時価とみなしましたが、実際の時価はそれを下回っているということが税務署に認められればよいのです。
不動産鑑定士に鑑定評価してもらうことも1つの手段ですが、取引金額が小さいのに専門家に料金を払うと上記の26万円とどっちよいかわかりません。
税務署に事情を説明するのがよろしいのではないでしょうか?税務署への相談は費用が掛かりません。

本投稿は、2014年07月30日 16時22分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,841
直近30日 相談数
1,187
直近30日 税理士回答数
2,095