資金の流れが把握できる!キャッシュフロー計算書の読み方・チェックポイント - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 決算申告
  4. 決算申告のハウツー
  5. 資金の流れが把握できる!キャッシュフロー計算書の読み方・チェックポイント

資金の流れが把握できる!キャッシュフロー計算書の読み方・チェックポイント

自分の会社のお金の流れをしっかり理解していますか? キャッシュフロー計算書は、損益計算書賃借対照表だけでは読み取れない、お金の流れをまとめた財務諸表です。

理解はしているつもりだけど少し不安かも・・・という方は基本から見直してみましょう。ここではキャッシュフロー計算書の基本構成や、どのような情報が読み取れるのかまでをまとめました。

目次

キャッシュフロー計算書とは?

会社の現金と流動資産に関してまとめたものです。損益計算書賃借対照表と並ぶ財務3表のうちの1つです。

損益計算書は一定期間の損益の流れを表しているものです。売上があっても、現金の入金は後日かもしれません。賃借対照表は一時点での財務状況を表しています。どのようにお金が流れたのかまでは、読み取れません。キャッシュフロー計算書の特徴は次のとおりです。

  • 現金の回収・支払時点で計上がされる為、実際にいくら会社にお金があるのかが分かる。
  • 資金調達から事業活動・設備投資までのお金の流れが明確に分かる。

以下の記事に、財務3表の読み方のポイントを分かりやすくまとめてあります。個人事業主や企業担当者の方も参考にご覧ください。

キャッシュフロー計算書の具体例

キャッシュフロー計算書は期中のキャッシュ増減額+期首残高=期末残高をまとめたものです。期中のキャッシュ増減額は営業活動・投資活動・財務活動の3つの構成で作られます。

また、営業活動によるキャッシュフローの作成方法には直接法間接法があります。実際のお金の動きを集計し表示する方法のことを直接法、損益計算書と賃借対照表を利用して計算し表示する方法のことを間接法といいます。多くの会社では間接法を採用しています。

キャッシュフロー計算書は以下のような形式になっています。

キャッシュフロー計算書見本

営業活動によるキャッシュフロー

商品販売やサービスの提供による営業活動に関するお金の増減を示します。

仕入れから販売までに利益があれば、金額はプラスになります。金額がマイナスならば事業自体を見直す必要があると言えるでしょう。前回と見比べることにより、どれだけ事業が成長しているのか見て取ることができます。

営業活動によるキャッシュフローの改善をするには、仕入れ・在庫・売上の流れを良くしましょう。具体的には仕入れコストを下げる。支払サイトを延ばす。売上は即日現金で回収する等を行うとよいでしょう。

なお、投資活動によるキャッシュフローと財務活動によるキャッシュフローに当てはまらない項目も、ここに記載されます。

投資活動によるキャッシュフロー

機械設備・土地建物等の固定資産に使用したお金の増減や、余剰資金を使い株・債券等で運用したお金の増減を示します。

設備などを売却すれば、金額はプラスになります。金額がマイナスならば、投資活動を積極的に行ったことがわかります。また、事業を縮小していても金額はプラスになります。成長中の会社は投資を積極的に行う為、マイナスになることが多いものです。

投資活動によるキャッシュフローを見れば、これから先の利益を獲得する為に使用した金額がわかります。

財務活動によるキャッシュフロー

資金調達のための金融機関からの借入や返済、株式発行などによるお金の増減を示します。

銀行や株主から資金を調達したら、金額はプラスになります。金額がマイナスならば、借入金の返済や配当金を支払ったことがわかります。また、営業活動・投資活動によって得られたお金を、借入金の返済にまわしているかもわかります。

財務活動によるキャッシュフローの改善には、資金調達を見直しましょう。例としては、金利のかかる金融機関からの借入ではなく、社債や株式での調達を増やすこと等が挙げられます。

フリーキャッシュフローに着目しよう

フリーキャッシュフローとは「営業活動によるキャッシュフロー」と「投資活動によるキャッシュフロー」を合わせた額のことを言います。通常、営業活動においてプラスになった額と、投資活動に使いマイナスになった額を合わせたものとなります。

つまり稼いだお金から、活動するのに必要なお金を差し引いた余剰資金を表します。この余剰資金を使い、借入金の返済や預金が行われます。

当然フリーキャッシュフローが多いほど、経営状態の安定している会社だと評価することができます。マイナスの場合は、手元にお金が無いことを意味しています。

フリーキャッシュフローの改善には、営業活動によるキャッシュフローを増やすか、投資活動によるキャッシュフローのマイナス額を小さくします。しかしフリーキャッシュフローの値に固執し、投資活動に対して消極的になっては、将来的に成長していく会社とはいえません。

投資活動によるキャッシュフローに使うお金は、営業活動によるキャッシュフローのプラス金額の範囲内であることが大切です。大規模な設備投資を行う場合には、5年平均でフリーキャッシュフローがプラスとなる範囲内で行うようにするとよいでしょう。

自由資金比率で会社の安定度を測ろう

自由資金比率とは、利益がお金として残る率を表したもので、安定している会社かどうかを判断することができます。自由資金比率は次の計算式で求めることができます。

自由資金比率=フリーキャッシュフロー/自己資本増加額(利益剰余金)×100

つまり税金を払った後に残った純利益が、どれだけフリーキャッシュフローとして残っているかを計算したものです。以下の表のように比率が高いほど理想的な会社といえます。

自由資金比率 評価
100% 理想的
70 ~99% 優秀
40~69% 普通
20 ~39% 対策が必要
19%以下 早急に改善が必要

おわりに

キャッシュフロー計算書をきちんとチェックすると、改善点がよくわかると思います。自由資金比率が100%に近いほど理想的な会社経営が行われていると言えるでしょう。この記事がキャッシュフローについて考える参考になれば幸いです。

税理士をお探しの方は税理士紹介サービスをご利用ください。

決算申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

決算申告に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応