税理士ドットコム - [固定資産税]太陽光発電 先端設備等導入計画 - 先端設備等導入計画の認定後に対象資産を購入する...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 太陽光発電 先端設備等導入計画

太陽光発電 先端設備等導入計画

太陽光発電の先端設備等導入計画は事前に市町村に認定を受けるのは太陽光発電の契約前なのか連携前(売電開始)のどちらなのでしょうか。

税理士の回答

先端設備等導入計画の認定後に対象資産を購入する事になります。
中小企業庁の手引きを参考にしてください。
「参考」
【 生産性向上特別措置法 】
先端設備等導入計画策定の手引き
平成30年7月版

いつもご回答ありがとうございます。
認定後に契約をするという流れでいいんでしょうか。

認定後に契約及び取得となります。

ご回答ありがとうございます。
すいません、ここでお聞きする事ではないと思いますが太陽光発電向けの融資先などの紹介はされていませんでしょうか。
よろしくお願い致します。

日本政策金融公庫の環境・エネルギー対策資金などを検討されたら良いと考えます。

本投稿は、2019年04月16日 08時10分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

固定資産税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,157
直近30日 相談数
1,170
直近30日 税理士回答数
2,317