[節税]法人化による消費税の免税 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 法人化による消費税の免税

法人化による消費税の免税

2016年の2月に飲食店を開業しました。
18年の1月からは消費税の課税対象業者になってしまうので、法人化を考えております。
株式会社ではなくて合同会社です。
①法人化するタイミングはいつがよいのでしょうか?
今年度中の12月?年明けすぐの1月の初め?
②法人化により税金が増えることはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

税理士の回答

個人事業を法人化することを「法人成り」といいます。

飲食店を経営されているということですので、
内装や厨房設備・什器備品を法人へ、それなりの値段で
「譲渡」するのが一般的です。
譲渡には消費税がかかりますので、その点だけを考えると
本年中に行ったほうが節税になるといえます。

しかしながら、法人成りすれば必ず免税事業者になるとは
限りませんので注意が必要です。
また、前述の事業用資産の譲渡に係る消費税について
法人側では仕入税額控除になりますので、場合によっては
課税事業者を選択したほうが有利になるケースもあります。

なお、法人成りについてはその他にもいろいろと検討・準備を
する必要があります。
税務はもちろん、社会保険のこと、保健所や消防署への届出のことなど。
これらを踏まえて本年中に間に合うかどうかかと思います。
会社設立される前に税理士にご相談されることをおすすめします。

回答ありがとうございます。
思っていたより複雑そうなので相談してみます。

本投稿は、2017年11月17日 02時02分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,387
直近30日 相談数
1,261
直近30日 税理士回答数
2,224