ジョージ・クルーニー、友人に感謝の14億円プレゼント「税も支払い済み」…日本でマネできる? - 税金やお金などの身近な話題をわかりやすく解説 - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. ジョージ・クルーニー、友人に感謝の14億円プレゼント「税も支払い済み」…日本でマネできる?

贈与税

ジョージ・クルーニー、友人に感謝の14億円プレゼント「税も支払い済み」…日本でマネできる?

ジョージ・クルーニー、友人に感謝の14億円プレゼント「税も支払い済み」…日本でマネできる?

ハリウッドスターのジョージ・クルーニーさんが、友人14人に100万ドル(約1億1000万円)ずつプレゼントしたというニュースが話題になっている。しかも、「税も支払い済み」だというから、超カッコ良い。

このエピソードは、友人グループの一人が米テレビ番組で明かしたもの。デビュー当時の売れない俳優時代から支えてくれた仲間への「恩返し」として、2013年にクルーニーさんが自宅でプレゼントしたという。

税金を支払い済みとのことだが、日本で同じことをして、カッコ良く大金を渡すことはできるのだろうか。福留聡税理士に聞いた。

●1億円を渡すための税金、こんなに必要

――あらかじめ税金を払っておくことはできる?

日本では、個人から財産をもらった時に「財産をもらった人」が贈与税を支払います。ですから、あらかじめ払っておくことはできません。

また、贈与税は1年間(1月1日~12月31日)にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかりますので、もらった財産の合計額が110万円以下ならかかりません。

一方、米国では、日本と異なり、個人へ財産をあげた時に「財産をあげた人」が贈与税を支払います。また、贈与税は、あげる人一人に付き年間1万4千ドル(2017年)、1万5千ドル(2018年)差し引いた残りの額に対して贈与税がかかります。

すなわち、日本では父親1人から1年間に110万円超もらえば贈与税の対象になりますが、米国では父親と母親から別々に1万4千ドル(2017年)、1万5千ドル(2018年)ずつもらっても贈与税の対象になりません。

このように、米国では、「贈与する者」が贈与税を支払うため、税金支払い済で贈与できますが、日本では、「受贈者」が贈与税を支払うため、税金支払い済みの贈与はできません。

――日本でジョージ・クルーニーさんのマネをするとしたら、贈与税込みの金額を渡すしかないということか。もし、「税引後1億円」にしたい場合、いくら渡せば良い?

直系尊属以外の人から贈与ということだと、税引後1億円にするためには、2億1198万8888円を渡す必要があります。算式は、(贈与を受けた財産の価額-基礎控除額110万)×一般税率55%-控除額400万円=税額、です。

【取材協力税理士】

福留 聡 (日本·米国ワシントン州)公認会計士、(日本·米国)税理士、行政書士

監査法人で上場企業の監査業務等を経験後,IPO支援、決算支援,IFRS導入支援、日米の法人の税務顧問等を行っている。本、雑誌、DVD等で約50の出版をしており、代表的な著作として『7つのステップでわかる税効果会計実務入門』がある。

事務所名   : 福留聡税理士事務所、福留聡国際会計アドバイザリー株式会社

事務所URL:http://www.cpasatoshifukudome.biz/

(税理士ドットコム トピックス)

贈与税の他のトピックスを見る

新着記事

もっと見る

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!