元国税局職員の芸人による税務調査体験談「売上を入金額で計上した個人事業主の末路」 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 税務調査
  3. 税務調査のハウツー
  4. 元国税局職員の芸人による税務調査体験談「売上を入金額で計上した個人事業主の末路」

元国税局職員の芸人による税務調査体験談「売上を入金額で計上した個人事業主の末路」

元国税局職員さんきゅう倉田です。好きなお弁当は「手弁当」です。

個人事業者の知人のところに税務調査が入ったので、取材を兼ねて話を聞いてきました。今回は、その税務調査での調査官とのやりとりを紹介します。

個人事業主だからといって税務調査が来ないとは限りません。しかも知人は税理士を雇っていなかったため、初歩的なミスをおかしてしまったのです

売上帳と預金通帳、領収書の控えをくまなくチェック

税務調査は、税務署から事前の通達があり、知人の自宅で10時からスタートしました。調査官は調査を行う予定の居間まで来ると、質問検査章を提示し、名刺を交換しました。テーブルの上に帳簿を用意しておきましたが、そちらには触れず、仕事について聞かれたそうです。

知人は税理士を雇っていないので、インターネットで拾った心もとない税務調査の知識を盾に、奮闘するつもりだったのです。「はじめは世間話からはじまるのかな?」と思っていたのですが、天気や時事の話などはまったくなく、すぐに従業員や経費について話すことになりました。

ほかにも、「出身地や出身校、前職、前職での立場や業務、退職理由はなにか、なぜ個人事業者になったのか」といったことから、「取引先はどのように開拓したのか、主な業務エリアはどこか、売上の決済方法はなにか、締め日・払い日、請求書・納品書・領収書・見積書の作成はあるか、仕入、主な経費、交際費の有無、取引銀行・私用の銀行口座の有無、家族の銀行口座」などについて、根掘り葉掘り確認されたそうです。

なかには一部、「それは私的なことだから、答えたくないな…」と思った質問もあったそうですが、知人は天性のサービス精神により「答えられません」と言うことができませんでした。

ここまで聞いて、私は個人的に、「あまり喋りすぎるのは良くないな」という印象を持ちました。この時間中は、ほとんどの発言のメモを取られていたとのことで、気づかないうちに証拠を握られていたり、ミスの手がかりにされていたかもしれません。

話がある程度終わると、調査官は帳簿を見ずに、通帳と領収証の控えを見はじめました。そして、銀行名、支店、口座番号を控え、さらに、用意していなかった事業と関係のない通帳や、配偶者の通帳も持ってくるように言われたそうです。そのあとは、売上帳と預金通帳の入金を調べ、領収書の控えも1枚ずつチェックしていったのです。

1日目の税務調査はなんの指摘もなく終了

調べているうちに12時になり、調査官から「1時間ほど休憩しましょう」と提案されました。そこで、知人はお弁当を用意している旨を伝えたのですが、「自分は外で食べる」と言います。いくら勧めても、「外で食べる」と頑として譲りません。

そして調査官は外に出て行きましたが、近くに飲食店はないので、持参してきたお弁当でも食べたのかもしれません。調査官はちょうど1時間後に戻ってきました。

午後は、午前中の作業を続け、それが終わると、総勘定元帳の経費の欄を見ていました。たまに、「これはなんですか」と聞かれたそうですが、昔の経費などはいちいち覚えていないものです。ぼんやりと答えていたら、少し苛立った様子だったそうです。

そのまま帳簿とのにらめっこを続け、16時になると調査官は帰ってしまいました。この日は、とくに変わったことはなく、注意や間違いの指摘もなく終了しました。次回は、翌々日です。

調査官が帰ったあとに、知人は残ったお弁当をつつきながら、冷えたビールを飲みました。心地よいキレを感じた時、喉の奥が普段よりベタついていることに気づき、張り付くような緊張が解けるのがわかったそうです。

売上を入金額で計上していたら・・・

調査官は、翌々日も時間通り10時にやって来ました。簡単な挨拶をしてから「では、前回の続きを」と言って、帳簿を見ていきました。知人は、質問がないときはやることがないので、黙って調査している様子を見ていたり、スマートフォンをいじったりしていました。

この日は、売上の記帳の流れについて確認がありました。このとき、調査官は売上の計上漏れをすでに確信していて、その確認のためにいろいろと聞いていたのです。

売上に関してはほとんどが銀行振込ですが、ごくまれに現金での決済があります。例えば、決済の一部が遅れたり、手渡しでもらう場合に、売上を現金で受け取っていました。

手渡しでもらった際は、現地で領収書を買い、記入して相手方に渡すことがあり、使いかけの複数冊の領収書を持っています。今回は、そのうち1冊分の売上が漏れていたのです

また、普段は通帳と領収証の控えの金額を、パソコンの会計ソフトに入力しているのですが、これは知人の妻が行っていました。そこで、調査官に妻の所在を確認され、在宅していた妻も話を聞かれることになりました。

ここまで読んで気づいた方もいるかもしれませんが、知人はいずれの売上も入金額で入力していました。そのため源泉所得税分が計上されていなかったのです。

よくわからない方のために補足すると、個人事業者でも、会社員のように支払金額から源泉所得税を引かれることがあります。ただし、売上にすべきは源泉所得税を引く前のものなので、入金ベースの金額を売上にしていると、源泉徴収された金額分だけ売上を少なく計上していることになるのです。

知人は、このことについて知っていたような、知らなかったような曖昧な状況だったそうです。

でも、そんなことは調査官からすれば「知ったこっちゃない」という状態でしょう。今まで自己流で申告してきたことがアダとなり、しっかりと2つの「売上の計上漏れ」を指摘されてしまったのでした。

税務調査に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

税務調査に関する税務相談Q&Aをみる

  • 同居の息子へ通勤用の自動車購入費は贈与税対象ですか?

    就職した同居の息子(成人)の通勤用として、新車(200万円超)を現金一括払いで購入し、所有者、使用者とも父親である私の名義としておりますが、贈与税の対象となりま...
    税理士回答数:  2
    2019年08月17日 投稿
  • 税務署の考え

    遺産分割の調停中です。遺産は不動産を含めても4000万円程、相続人は5人。 被相続人(父、1年前死亡)が同居していた長男にお金を500万円を貸していました。被相...
    税理士回答数:  2
    2019年08月14日 投稿
  • 税務調査後の対処法について

    知人が飲食店とPC修理業を個人で経営しています。 元々サラリーマンだったこともあり,営業届や各種納税などにかなりいい加減にきてしまったようです。 先日,税務調査...
    税理士回答数:  2
    2019年08月14日 投稿
  • 「報酬」に対しての経費計算について

    職種はデザイナーですが会社勤です。 サラリーマンですが個人で仕事を受け、1回だけ報酬をいただきました。 先日税分室からお尋ねと記入用紙が届きました。経費の計算を...
    税理士回答数:  5
    2019年08月12日 投稿
  • 賃貸収入の納税について

    土地95%は夫、5%は妻が所有登記しています。 その土地に賃貸併用住宅を建てて50%分の容積率に2部屋作り賃貸物件として収入を得ようとしています。 残りの50%...
    税理士回答数:  1
    2019年08月09日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応