仮想通貨の税金による移住について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨の税金による移住について

仮想通貨

 投稿

仮想通貨の税金による移住について

日本の税制がひどすぎて、仮想通貨の利益が目標に到達したらマレーシアに移住しようか本気で考え始めています。
マレーシアで居住者になる条件を満たせば、日本への所得税は支払わなくても良くなりますか?

税理士の回答

非居住者は、国内源泉所得が所得税の課税対象になります。
国外に居住され、国外での取引、国外での所得は、課税対象外になります。

日本での仕事は辞める予定ですが、不動産所得がある場合は、仮想通貨分の税金はどうなりますか?

国内の不動産所得は国内源泉所得になります。
仮想通貨は、国外での取引であれば、対象外になります。

国外の取引とは、日本での住民票を抜き、その国で永住権を得ているということでしょうか?

国外取引とは、海外取引所での取引を言います。

マレーシアでは国外で得た所得は非課税になるかと思いますが、それを勘案すると日本の取引所での取引でも非課税になるのではないでしょうか?

日本国内の取引所による取引は雑所得、日本国内の源泉所得になり、日本の所得税の課税対象になります。

ありがとうございます。
大変参考になりました。

一点確認させてください。
日本の取引所を使うとのことでしたが、既に購入している分を海外に移住して海外取引所で売却した場合も日本の所得税の課税対象になるのでしょうか?

日本の取引所の仮想通貨を海外取引所の仮想通貨に移転した時点で、国内利益が確定します。その後の海外取引所での取引は、国外取引所になります。

本投稿は、2018年09月14日 21時45分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
16,900
直近30日 相談数
812
直近30日 税理士回答数
1,287

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら