[税金・お金]追徴課税 10万円 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 追徴課税 10万円
Amazonギフト券 5000円分 プレゼントキャンペーン実施中!

追徴課税 10万円

主人のサラリーマンとしての年収680万、生命保険控除、医療費控除、ふるさと納税8万円をしました。
実家の方で会社役員として収入を得ている状況で両方の確定申告をしたら追徴課税が10万ほどきています。
会社役員の方は給与いくらぐらいに設定されているのでしょうか?
計算がいまいちわからず困っています。

税理士の回答

実家に源泉徴収票をもらうと分かりますよ。

こんにちは。
ひとりの納税者が提出する所得税の確定申告書は1つのみです。
2ヶ所で確定申告をするということはありません。
役員報酬の具体的な金額は源泉徴収票に記載されていませんか。
会社は給与を支給している者に源泉徴収票を交付する義務があります。
役員報酬も所得税では給与所得となりますので、ご主人の確定申告においては2ヶ所から給料をもらっているという形で申告されているのかなと思います。
その結果、源泉徴収税額(天引きされる所得税)に加え、納付が必要な所得税が10万円あったということなのかなと思います。
確定申告では、社会保険料控除・医療費控除・生命保険料控除・寄附金控除(ふるさと納税)等各種所得控除後の所得金額に税率を乗じますので、結果として納めるべき税金が源泉徴収税額より10万円多かったということだと思います。
以上、ご参考までにお願いいたします。

本投稿は、2018年03月08日 12時34分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

税金・お金に関する相談一覧

分野

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
53,801
直近30日 相談数
1,629
直近30日 税理士回答数
2,751