税理士ドットコム - 法人化した投資の節税効果及び、週末起業の税金申告について - 1)法人の場合、法人住民税の均等割りという税金が...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 法人化した投資の節税効果及び、週末起業の税金申告について

法人化した投資の節税効果及び、週末起業の税金申告について

こんにちは、会社員を務めております。
法人化した投資の節税効果及び、週末起業の税金申告についてぜひお伺いしたいことございます。

前提1:週末起業というのは投資用の会社を設立し、自己資本で株を投資することです
前提2:本業の会社に週末起業をやっていることを知られたくありません

シナリオとして
ペーパーカンパニーを設立し、仮に100万円の元本で株を投資するとします。
年間収益率50%とし、営業外収益は50万円が計上されます。
設定された役員報酬の35万以外に、社宅を含めその他費用12万円がかかるとします。

支払うべき税金1:(500,000 – 350,000 – 120,000) * 40%(仮の実効税率) = 12,000円
支払うべき税金2:役員報酬の35万円の所得税、ただ103万円以下は払わなくて良いのでここでは0円と想定しています。
本来の株投資で支払うべき税金:500,000 * 20% = 100,000円より88,000円を節約できると想定しています。

質問1:以上のシナリオ(投資による収益がある程度低い場合に限る、高くなると役員報酬の所得税も増えます)で想定した節税効果はは正しいでしょうか。

質問2:以上のシナリオの場合において、私が頂く役員報酬及び会社の純利益を雑所得として申告し、本業の会社にばれないという仮説は正しいでしょうか。

税理士の回答

1)法人の場合、法人住民税の均等割りという税金があり、最低でも年7万円生じます。従って、法人の税負担にその金額を加えて判定する必要があります。
2)役員報酬は給与所得となりますので本業の会社からの給与と合算して確定申告することになります。確定申告の際に住民税に関する記載欄がありますが、投資用会社の役員報酬に関しては普通徴収を希望する旨を記載し、自治体がその通りに取り扱ってくれれば、本業の会社には伝わらないと思います。しかし確実とは言えませんのでご了承ください。
以上、宜しくお願いします。

本投稿は、2016年05月19日 18時54分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
33,907
直近30日 相談数
1,641
直近30日 税理士回答数
2,795