[節税]歯科医師の副業 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 歯科医師の副業

歯科医師の副業

歯科医師です。副業として歯科医療アドバイスや執筆業など医療行為を行わない業務であれば個人事業の事業所得にできるのでしょうか?
治療以外の仕事も多く、個人事業主として開業したほうが節税できるのではと思ったのですが、境界線が良くわからず質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

歯科医師業に関連する業務であれあば、個人事業の事業所得に含めることはできると考えます。

ご回答ありがとうございます!
個人事業主として事業所得にすることをかんがえてみようとおもいます。

本投稿は、2020年02月14日 15時47分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 歯科医師勤務医での開業について

    今勤務医として週4日常勤として働いています 開業に向けて現在準備して8月予定です 予定として、今の勤務を週3日常勤勤務、自分の開業を週3から4日予定です。 ...
    税理士回答数:  2
    2019年04月10日 投稿
  • 歯科医師(矯正)の給与について

    歯科医師ですが、専門が矯正であるため、フリーランスのような形で多数の医院(9件)で非常勤として勤務しています。 矯正に使う材料や技工の料金は、医院によって...
    税理士回答数:  1
    2018年03月01日 投稿
  • フリーランス歯科医師の収入は給与?報酬?個人事業主なのか

    フリーランスの歯科医師をしています。 現在、いくつかの医院を掛け持ちしており以下の様な労働実態となっています。 節税のため個人事業主として開業をしようと思う...
    税理士回答数:  1
    2018年02月22日 投稿
  • 歯科医師の給料について

    複数の医院を掛け持ちして非常勤(矯正専門)として勤務しています。給料をいただいている医院と報酬をいただいている医院とあります。今現在給料としていただいている医院...
    税理士回答数:  2
    2018年03月05日 投稿
  • 歯科医師の給与と報酬の区別について

    歯科医師です。昨年の3月まで1つの大学病院に勤務していましたが(健康保険、厚生年金もそこが払ってくれていて保険証も社保でした)、4月以降はその大学を含めて他歯科...
    税理士回答数:  2
    2017年02月05日 投稿

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
39,362
直近30日 相談数
1,865
直近30日 税理士回答数
2,963