[青色申告]移転後の建物附属設備について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 青色申告
  4. 移転後の建物附属設備について

移転後の建物附属設備について

夏に店舗を移転しました。以前の店の内装工事費等(減価償却済み)が貸借対照表に「建物附属設備」として残っています。(残っていること自体が正解かはわかりません)
新店舗では関係のないものなので、消さないといけないと思うのですが、処理の仕方がわかりません。よろしくお願いいたします。

税理士の回答

はじめまして、税理士法人としま会計の嶋根と申します。

旧店舗の設備を①除却したか②売却したかで経理も所得の種類も異なります。

①除却した場合、
除却損     /建物附属設備  (帳簿の未償却残高)

②売却した場合、
現預金   (売却金額)/建物附属設備  (帳簿の未償却残高)
事業主貸        /事業主借  (差額)
この場合、売却額と帳簿額の差額は事業主勘定を用い、(事業所得ではなく、)譲渡所得として申告することになります。

どうぞよろしくお願い致します。

本投稿は、2018年02月03日 11時26分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

青色申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,371
直近30日 相談数
1,015
直近30日 税理士回答数
1,913