医療費控除を計算する際の保険金について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 医療費控除
  4. 医療費控除を計算する際の保険金について

医療費控除

 投稿

医療費控除を計算する際の保険金について

一つの病気に対して複数の病院を受診した場合の、医療費控除の計算についてご教示ください。
尿路結石となり、最初にA病院で治療を受けたのですが、自然に排石されなかったため、B大学病院を紹介され、そこで診察~手術を受けました。
契約していた生命保険から手術給付金がでることとなったのですが、医療費控除の計算の際に手術給付金と相殺する医療費の範囲は
①A病院とB大学病院の医療費の合計額
②B大学病院の診察と手術代金の合計額
③B大学病院の手術代金のみ
のいずれにでしょうか。

税理士の回答

給付金の給付の原因が手術代であれば手術代金からのみ差し引きます。
よって手術給付金のほうが手術代金より高い場合はプラスマイナスゼロでそれ以上、他の医療費から引かなくても良いことになっています。
③ということになるでしょうか。ただし、申告時の医療費の明細書には、支払った医療費の額と補てんされる金額の両方を記載します。

本投稿は、2019年01月19日 22時41分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
22,294
直近30日 相談数
1,354
直近30日 税理士回答数
2,026