[贈与税]贈与契約書の書き方について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 贈与契約書の書き方について

贈与契約書の書き方について

すでに1〜8月の間にいくらか贈与を貰っており、9〜12月にも貰う予定ですが金額が確定していない場合、金額が確定した12月に贈与契約書を作成しても良いのでしょうか。

税理士の回答

すでに1〜8月の間にいくらか贈与を貰っており、9〜12月にも貰う予定ですが金額が確定していない場合、金額が確定した12月に贈与契約書を作成しても良いのでしょうか。

良いと考えます。
でも、その都度・贈与のたびに、契約書を作成することをすすめます。
理由・・・途中で、関係者に事故があれば、契約書の作成ができなくなる。

竹中先生
ご回答ありがとうございます。
そうなのですね。毎月少額で贈与を受けるため、毎月契約書を書くのはあまり現実的ではなく、このような質問となってしまいました..。

また、再度ご質問して恐縮なのですが、

1月は5万円、2月は3万円、3月は6万円、、など、月によって異なる金額を贈与した際は、
「△月×日(贈与最終日)までに合計○万円を贈与する」という記載で良いでしょうか。

1月は5万円、2月は3万円、3月は6万円、、など、月によって異なる金額を贈与した際は、
「△月×日(贈与最終日)までに合計○万円を贈与する」という記載で良いでしょうか。

税務申告を意識する場合には、年間の金額なので、上記でよいと考えます。

竹中先生
承知いたしました。
お忙しい中ご丁寧にご回答いただき、本当にありがとうございました。

本投稿は、2022年08月06日 17時08分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

贈与税に関する相談一覧

分野

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
87,162
直近30日 相談数
1,167
直近30日 税理士回答数
2,006