税理士ドットコム - [相続税]相続時精算課税制度、本人死亡後の届出について - 相続税の基礎控除は4,200万円です。お父様の財産と...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続時精算課税制度、本人死亡後の届出について

相続時精算課税制度、本人死亡後の届出について

相続時精算課税制度を利用しています。親と絶縁状態になり、死亡後の葬儀等、親戚にやらせるようです。現時点で200万くらい預金があるのは、絶縁前に聞かされました。それ以外の財産はないのは把握しています。亡くなったことも知る方法もなく、また預金の内容も把握することが困難なんになりました。母は他界、子供は私と兄です。相続税は発生しなく、預金の調べようもない中、税務署に届出は必要でしょうか。

税理士の回答

相続税の基礎控除は4,200万円です。
お父様の財産と相続時精算課税の贈与額を足して、基礎控除以内なら何らの手続きは不要です。

相続財産と、相続時精算課税制度を使って贈与した金額の合計が基礎控除以下なのであれば、相続税の申告は不要です。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4301.htm

ご回答ありがとうございます。手続きも必要ないとのことが知れて良かったです。

相続税の申告がいるかどうかは相続時精算課税制度の金額次第になるかと存じます。
というのも相続時精算課税制度を適用できるのは、質問者様だけでなくお兄様も可能だからです。
仮にお二人とも相続時精算課税制度を適用していて、お二人の合計額が相続税の基礎控除を超える場合、相続税の申告は必要となります。
そのため、今把握している情報のみでは判断できかねます。

なお、税務署には他の相続人が相続時精算課税制度等の適用有無及び適用額を確認できる制度があるため、親御様の住所を管轄する税務署にて確認することは可能です。

本投稿は、2022年09月22日 19時18分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 相続時精算課税制度を利用後、被相続人死亡の際の相続税の申告について

    お世話になっております。 4年前に祖母より相続時精算課税制度を利用して土地を譲り受けました。 現在、祖母とは不仲で生死に関して知る術がなく、向こうからの亡く...
    税理士回答数:  1
    2020年07月17日 投稿
  • 相続時精算課税制度で受贈者が先に死亡した場合について

    相続時精算課税制度についてご相談させてください。 相続時精算課税制度の適用と受けようと思っていましたが、受贈者が届出書を提出する前に亡くなってしまったのですが...
    税理士回答数:  1
    2020年10月12日 投稿
  • 相続時精算課税制度と名義預金

    母が私名義で定期預金と定額貯金をしており、通帳自体はかなり前に受け取っていました。母が高齢者施設に入居する際には私がお金を使えるようにと2つとも3年前に私の印鑑...
    税理士回答数:  1
    2021年02月02日 投稿
  • 相続時精算課税制度と相続税について

    相続時精算課税制度を適用している時に親が亡くなり、相続財産が相続人にどのように金額が決まるのか教えて下さい。 両親と、私と、姉、妹がいる家族です。 私は...
    税理士回答数:  1
    2019年02月02日 投稿
  • 相続時精算課税 片親が死亡時

    相続時精算課税適用で子供2名名義の不動産(2400万円)を購入。片親が死亡時遺言により(預金全額夫又は妻へ)子供の相続が発生しなければもう片親が死亡時相続税精算...
    税理士回答数:  1
    2020年08月11日 投稿

関連キーワード

相続税に関する相談一覧

分野

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
89,300
直近30日 相談数
1,474
直近30日 税理士回答数
2,673