税理士ドットコム - [相続税]小規模宅地の特例と相続時精算課税制度 - 小規模宅地の特例と相続時精算課税制度は別物です...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 小規模宅地の特例と相続時精算課税制度

小規模宅地の特例と相続時精算課税制度

小規模宅地の特例と相続時精算課税制度2500万円は併用できるのでしょうか?
また精算時課税制度の使用の贈与2500万円は被相続人の財産に戻って相続税の計算となりますが、その相続税の納税者は誰になるのでしょううか?
2500万円まで贈与として非課税で相続税は納めるとゆうことですか?

税理士の回答

小規模宅地の特例と相続時精算課税制度は別物です。
ただし、相続時精算課税制度で贈与を受けた土地は、相続時にはその贈与額を財産額に加算しますが、すでに贈与を受けていますので小規模宅地の特例は適用できません。

精算時課税制度の使用の贈与2500万円は被相続人の財産に戻って相続税の計算となりますが、その相続税の納税者は誰になるのでしょううか?

贈与を受けた相続人が取得したとして相続税を計算します。

2500万円まで贈与として非課税で相続税は納めるとゆうことですか?

2500万円まで贈与税は課税しない代わりに、相続時には相続財産に加算して相続税を計算する制度です。
国税庁HPを参考にしてください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4103.htm

中田先生詳細なご回答有難うございます。
ちなみに、相続の発生し相続時精算課税制度を使用した2500万円だけの相続額の場合、
相続税はどの程度納めることになるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

相続税の申告納税が必要となるのは、2500万円を加えた被相続人の全相続財産の合計が基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人数)を超える場合です。
つまり、あなたの相続額が2500万円だけであっても被相続人のその他の財産額との合計がこの基礎控除額を超えると相続税の申告納税が必要になります。
納税額は全相続財産額や法定相続人数、取得割合によって算出されます。
相続を得意とする税理士は有料で財産相続シミュレーションを行っていますので相談してみてはいかがでしょうか。

中田先生ご回答有難うございました。

本投稿は、2020年02月14日 16時23分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 相続税の小規模宅地などの特例について

    相続の「小規模宅地などの特例」についての相談です。 現在の状況は以下の通りです。 ・私名義の家を所有しておりますが、現在そちらには妻や子供が住んでおり、私は...
    税理士回答数:  1
    2018年12月09日 投稿
  • 相続税 小規模宅地の特例適用は、申告必須ですか?

    すみません、ご教示お願いします。 ・小規模宅地の特例を適用したい場合には、相続税の申告は必須ですか?
    税理士回答数:  2
    2019年07月05日 投稿
  • 相続税 小規模宅地の特例について

    母が亡くなりました。法定相続人は子である私一人です。 相続財産は土地と未登記の住宅(固定資産税の評価額 土地27,226,000+住宅680,000)と預貯金...
    税理士回答数:  1
    2018年09月12日 投稿
  • 相続税の小規模宅地等の特例

    以下の場合で特例が使えるかどうか教えてください。 ・相続開始7年前の時点で、それまで一人暮らしであった親が指定特定施設入居者生活介護有料老人ホームへ入所 ・...
    税理士回答数:  2
    2019年10月07日 投稿
  • 小規模宅地の特例の適用及び相続について

    ご質問させて頂きます。 父名義の不動産が330㎡あります。分筆はしていません。 左側の半分の土地(165㎡)には2階建ての2世帯住宅(父名義)が建っており、...
    税理士回答数:  2
    2019年05月08日 投稿

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
39,362
直近30日 相談数
1,864
直近30日 税理士回答数
2,961