「支払調書」ってなに?提出義務や提出期限、作成方法のまとめ - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 源泉徴収
  5. 「支払調書」ってなに?提出義務や提出期限、作成方法のまとめ

「支払調書」ってなに?提出義務や提出期限、作成方法のまとめ

支払調書とは、フリーランスなどの個人事業主に対して報酬・料金を支払った事業者が、その明細を税務署に提出する書類のことです。

源泉徴収票などと同じく法定調書の一つで、毎年1月中頃から末頃に作成します。

個人事業主やフリーランスにはじめて仕事を発注した、毎年支払調書を提出しているけど作成方法や期限を忘れてしまった、という経理担当者などに向けて、どんなときに支払調書の作成が必要なのか、記載事項と書き方・提出期限について解説いたします。

目次

支払調書とは

支払調書とは、税務署に提出が義務づけられている資料「法定調書」のひとつとされています。

法定調書は現時点で59種類あります。「所得税法・相続税法・租税特別措置法・内国税の適正な課税の確保を測るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」の規定により税務署への提出が義務付けられている資料のことです。

事業者がフリーランスなどの個人事業主に支払った報酬等の明細の書類を「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」といい、会社員などの給与所得者が勤め先から年末に受け取る源泉徴収票と似た役割の書類です。

「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」はこの「所得税法」に規定するものの中のひとつです。

支払調書の作成方法

個人事業主へ業務を外注することが多い事業者や担当者は、書き方などを予め把握しておくと良いでしょう。ただし、税法は毎年改正されるため、必ずしも毎回同じ内容で作成できるとは限らないので注意が必要です。

記載事項と書き方

1年間(1月1日~12月31日)に支払った報酬・料金等を以下のような支払調書の用紙に記載します。

支払を受ける者 支払い相手の住所・氏名・マイナンバーを記載します。
※支払い相手に支払調書の写しを交付する場合には、個人番号を記載してはいけません。法人番号であればそのまま記載して問題ありません。
区分 提供を受けた役務の内容を記載します。
細目 区分より詳細な内容があれば記載します。
支払金額 1年間に支払いの確定したものを記載します(源泉徴収されなかった分もすべて、記載漏れのないように)。支払調書の作成日時点で未払金がある場合は、未払額を内書きします。
源泉徴収税額 源泉徴収の合計額を記載します。支払金額の時と同様に、未徴収額を内書きします。
摘要 摘要事項があれば記載します。
支払者 支払いを行った会社の名称や個人事業主の屋号・氏名・電話番号・マイナンバーを記載します。
※支払い相手に支払調書の写しを交付する場合には、個人番号を記載してはいけません。法人番号であればそのまま記載して問題ありません。

以下に例として、平成28年に個人事業主であるライターに業務を外注し、原稿料として1回10,000円×4回(合計40,000円)で仕事を依頼、1月・3月・6月・12月に報酬が発生、そのうち12月分は未払いというケースでの書き方をご説明いたします。

※源泉徴収税額については、消費税及び地方消費税の額を含めて判断しますが、これについて明確に区分されている場合には、その額を含めないで判断しても差し支えありません。

(1)支払を受ける者 ライターの住所・氏名・マイナンバーを記載します。
(2)区分 今回は、原稿料として支払っているので「原稿料」とします。
(3)細目 区分によって内容が変わります。原稿料なので支払回数を記載しています。
(4)支払金額 平成28年中に支払いの確定した43,200円(税込)を記載します。 12月分が未払いのため、10,800円をを内書きします。
(5)源泉徴収税額 平成28年中の源泉徴収の合計額を記載します。支払金額の時と同様に、未徴収額を内書きします。
(6)摘要 今回はなしです。摘要事項があれば記載します。
(7)支払者 支払いを行った会社の名称や個人事業主の屋号・氏名・電話番号・マイナンバーを記載します。

支払調書への社印(角印)の押印の義務はありませんので、押しても押さなくてもどちらでも大丈夫です。

提出先と提出期限

提出の対象となる報酬等が発生した年度中の支払額が確定した時点で作成し、翌年の1月31日までに事業所を管轄する税務署に提出します。

非居住者の方に報酬等を支払った場合は、「非居住者等に支払われる給与、報酬、年金及び賞金の支払調書」等の提出も必要になります。

支払調書が必要なケース

個人事業主に支払った報酬等のすべての支払調書の提出が必要なわけではありません。

前年中(1月1日から12月31日までの間)に払った報酬等が、以下の項目に当てはまる場合に、支払調書の提出義務が発生します。

区分 金額
1.プロボクサー・モデル・外交員・電力量計の検針人などへの報酬 年額50万円を超える
2.ホステス・バンケットホステス・コンパニオンなどへの報酬
3.広告宣伝のための賞金
4.社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
5.馬主に支払う競馬の賞金 1回の支払賞金額が75万円を超えるものの支払を受けた方にかかるその年中の全ての支払金額
6.プロ野球の選手などに支払う報酬、契約金 年額5万円を超える
7.弁護士・税理士などの特定資格を持つ人への報酬
8.原稿料・講演料・デザイン報酬など
9.1~8以外の所得税法第204条第1項の各号に規定されている報酬や料金

ただし、事業者が源泉徴収義務者でなければ、そもそも源泉徴収をする必要がありませんので、支払調書を作成する必要もありません。

源泉徴収義務者の要件や徴収額の計算方法については以下の記事を参考にしてみてください。

【支払い側】支払調書の作成を求められた場合は?

4年ほど前にAmazonが支払調書の送付をやめたことがちょっとした騒動になったのを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

支払調書の提出義務があるのは、税務署に対してのみで、支払いを受ける側の個人事業主に対しての発行義務はありません。

つまり、これまでAmazonは親切で支払調書の発行をしていたということになります。

しかし、個人事業主の方の中には、支払調書を頼りに確定申告をする方もいます。今後の発注などを見据えて、付き合いを円滑にするためと考え、作成を求められた場合は、できる限り応じると良いでしょう。

また、税務署に提出する支払調書を作成する際に、2枚作成しておけば、それほど手間はかからないのではないでしょうか。

【支払いを受ける側】支払調書が貰えない場合は?

支払調書を作成してくれる事業者であれば、報酬を受け取った翌年の1月中旬~下旬に送付してくれるのが一般的です。もし、この時期に届かなければ、支払者に作成できないか問い合わせてみましょう。

支払調書がない場合の確定申告

支払者側から支払調書の作成を断られてしまった場合は、これまでにやり取りした取引の明細・帳簿等をすべて確認し、それを元に確定申告書に金額等を記載しましょう。

もし、税務署で支払調書の添付がないと受け付けられないと言われてしまった場合は、取引先から支払調書をもらうことができなかったことを伝え、支払調書の提出が義務付けられているのは発注側であって、受注側には添付は義務付けられていない旨を伝えてみると良いでしょう。添付義務がある書類については所得税法第120条第3項に列挙されています。

おわりに

平成28年度分からマイナンバーの記載が必要になりましたので、これまで作成業務を行っていた方は注意しましょう。支払調書を作成する際に、この記事がお役に立てば幸いです。

支払調書の用紙は国税庁のHPからダウンロードできます。また、毎年国税庁のホームページで調書の作成手引がアップされるので、そちらも参考にしてみてください。

源泉徴収に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

源泉徴収に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応