税理士ドットコム - [勘定科目]事業主借で、敷金を支払い、返却された時の仕訳について - (詳細は分かりかねますので、簡潔に回答をさせて...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 事業主借で、敷金を支払い、返却された時の仕訳について

勘定科目

 投稿

事業主借で、敷金を支払い、返却された時の仕訳について

開業するにあたり、準備金として100万円用意(事業主借)

<内訳>
地代家賃(敷金) 40万
残り  仕入れ等

退去の際に、この敷金が返却された場合の仕訳についてご教授お願い致します。



税理士の回答

(詳細は分かりかねますので、簡潔に回答をさせていただきます。ご了承下さい。)
敷金支払時に、敷金400,000円/現金400,000円と仕訳し、全額が返金された場合
現金 400,000円/敷金 400,000円
となります。
ご参考願います。
以上、宜しくお願い致します。

開業の時には
(敷金)/(事業主借) 400,000円
としたのでしょうが、今、出納帳を記入していれば、
(現金)/(敷金)    400,000円
で良いと考えます!
もし、これを店主勘定に振り返るなら
(事業主仮)/(現金)  400,000円
となります。

回答頂きました先生方、有難うございました。大変勉強になりました。

本投稿は、2018年07月12日 14時34分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
18,575
直近30日 相談数
945
直近30日 税理士回答数
1,533