生命保険料控除はいくら?控除額の決まり方や節税のポイント - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 経理・決算のハウツー
  4. 生命保険料控除はいくら?控除額の決まり方や節税のポイント

生命保険料控除はいくら?控除額の決まり方や節税のポイント

生命保険料控除に当てはまる3つの保険

生命保険料控除は平成22年に制度改正が行われ、平成24年1月1日以降に締結した保険契約(新契約)と、平成23年12月31日以前の保険契約(旧契約)とでは扱い方が異なります。新契約では以下の3つの生命保険が控除対象として扱われます。

一般生命保険料について

これには定期保険終身保険養老保険などが当てはまります。一般生命保険料は、加入者の生存・死亡を起因として保険金やその他給付金を支払う保険に係る保険料などのことを言います。

介護医療保険料について

これには総合医療保険がん医療保険などが該当します。加入者の入院・通院等によって給付金が支払われる保険に係る保険料が、介護医療保険料に当てはまります。

個人年金保険料について

こちらには年金保険が当てはまります。個人年金保険料は一般生命保険料とは別に「個人年金保険料税制適格特約」が付加されている契約にかかる保険料のことです。税制適格特約かについては以下の4つの要件が設けられています。

  1. 年金受取人が契約者または配偶者である
  2. 年金受取人は被保険者と同一である
  3. 保険料の払込期間は10年以上である
  4. 年金受取開始が60歳以降で、年金受取期間が10年以上である

生命保険料控除額の計算方法

生命保険料控除額を計算する際には、新契約と旧契約とを分けて計算する必要があります。そしてどの控除を適用するか決定し、申告手続きを行います。

新契約の算出方法について

新契約の場合は3つの保険料を、以下の通りにそれぞれ算出します。年間支払保険料に応じて、控除額が計算されます。

  • 2万円以下:「保険料の全額」
  • 2万円超~4万円以下:「保険料×1/2+1万円」
  • 4万円超~8万円以下:「保険料×1/4+2万円」
  • 8万円超:「一律4万円」

一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料のそれぞれで最高4万円ずつ控除額を適用できるようになっています。つまり、最高で12万円分の控除を適用できます。

旧契約の算出方法について

旧契約の場合は一般生命保険料と個人年金保険料の2種類のみになっています。新契約でいう「介護医療保険料」は、旧契約上では一般生命保険料に含まれています。計算方法は以下のとおりです。

  • 2万5千円以下:「保険料の全額」
  • 2万5千円超~5万円以下:「保険料×1/2+1万2,500円」
  • 5万円超~10万円以下:「保険料×1/4+2万5千円」
  • 10万円超:「一律5万円」

旧契約では最高5万円ずつ控除額を適用できます。こちらの場合は最高で10万円まで生命保険料控除を受けられます。

新契約と旧契約の両方が混在する場合の算出方法について

もし加入者に新契約と旧契約の両方が混在していたら、以下の3つから控除額を選ぶことができます。

  1. 新契約のみの生命保険料控除を適用する
  2. 旧契約のみの生命保険料控除を適用する
  3. 新契約と旧契約の生命保険料控除を共に適用する

(1)と(2)の場合は、先に計算した控除額をそのまま申告すればいいでしょう。(3)の場合は、(1)と(2)の合計額を、最高4万円までとして申告することになります。

生命保険料控除を申告する

生命保険料控除額については毎年10月ごろに生命保険会社から「生命保険料控除証明書」が届きます。確定申告時にはこの証明書の提出が必要になるので気をつけてください。なお、生命保険料控除は会社員か自営業者かによって申告方法が異なります。

会社員の生命保険料控除の申告方法

会社員の場合は年末調整を通じて生命保険料控除を申告することになります。この場合、「給与所得者の保険料控除申告書」を用意し、3つの生命保険料控除をそれぞれ計算した上で会社に提出します。原則、生命保険料控除証明書を保険料控除申告書に添付して提出又は提示する必要があります。

自営業者の生命保険料控除の申告方法

自営業者の場合は確定申告を通じて生命保険料控除を申告します。確定申告書・第一表に「生命保険料控除」という欄があるので、そこへ控除の合計額を記載します。また第二表に生命保険料控除の内訳を記載し、税務署に申告します。なお、申告時には原則「生命保険料控除証明書」が必要になるので大切に保管しておきましょう。

生命保険料控除で節税になるのか?

生命保険に加入すれば生命保険料控除を受けることができます。けれども、節税目的で生命保険に加入することはおすすめできません。なぜなら、生命保険は将来の不安に備えて加入するべきものだからです。

生命保険料控除が制度化されている背景は、生命保険に加入した人の税金負担を少なくするためです。単に節税目的で生命保険に加入すると、最終的には出費だけが嵩んだりと加入者にとって不利になる可能性もあるので慎重に判断してください。

おわりに

生命保険料控除は新契約と旧契約があり、新契約の場合は3つの保険に分けて算出する必要があります。毎年10月ごろに生命保険会社から「生命保険料控除証明書」が届くので、大切に取っておくようにしてください。また、生命保険料控除はあくまで生命保険加入者の軽減措置なので、その点を誤解しないようにしてください。

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

経理・決算に関する税務相談Q&Aをみる

  • 材料費込の印刷代

    今年から個人事業主になります。 インターネットや販売会などでオリジナルのグッズを販売するのですが、その際の仕分けが分かりません。 自作のイラストをもとにポストカ...
    税理士回答数:  1
    2019年01月16日 投稿
  • 仕入計上の仕方について

    電気工事の個人事業主です。H30.12月から工事をしてますがH31.1月に完了予定なので、請求書はH31年完了時に発行し、計上しますが、その工事に対しての仕入や...
    税理士回答数:  1
    2019年01月16日 投稿
  • 開業費の任意償却

    今年から個人事業主です。青色申告します。 事業はインターネットのハンドメイドサイトを使った雑貨販売です。 開業費の任意償却について教えてください。 ●初年度の...
    税理士回答数:  1
    2019年01月16日 投稿
  • 減損した物件の売却について

    減損後、残存簿価1円になった物件の売却について 残存簿価での売却が正しいでしょうか?減損前の簿価での売却では問題がありますでしょうか?
    税理士回答数:  3
    2019年01月16日 投稿
  • 個人事業主のクレジットカードについて

    自宅エステサロンをしています。 青色申告65万控除について質問です。 個人名義でクレジットカードを使用し仕入れを行いました。 引き落とし口座も個人の口座です。 ...
    税理士回答数:  1
    2019年01月16日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応