住民税の申告について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 住民税
  4. 住民税の申告について

住民税の申告について

親の扶養に入りメールレディをしているのですが、
住民税についてのサイトで

1円でももらったら住民税に申告しなければならないという記載と、
扶養内で非課税の範囲であれば申告しなくて構わないという記載がありました。


どちらなのでしょうか…

税理士の回答

住民税の基礎控除額は33万円です。
33万円以下であれば、申告不要と考えます。

住民税の申告については、通常は1円でも所得があれば申告が必要と言われています。しかし、市区町村の見解は以下のようです。
1.所得金額が35万円以下(非課税限度額)であれば、申告する義務はない。
2.しかし、非課税の場合でも申告を勧めている。それは、納税者の所得を把握して、国民健康保険料の確定を容易にすること、所得の詳細を把握することで所得証明の発行が容易になるようにしている。

本投稿は、2019年10月09日 17時47分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

住民税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,239
直近30日 相談数
1,312
直近30日 税理士回答数
2,236