【保存版】簡易課税制度とは?計算方法や事業区分の判定などわかりやすく解説 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075866977

  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 消費税
  4. 消費税のハウツー
  5. 【保存版】簡易課税制度とは?計算方法や事業区分の判定などわかりやすく解説

【保存版】簡易課税制度とは?計算方法や事業区分の判定などわかりやすく解説

監修: 首藤 毅彦 税理士

事業者にとって負担金額が多くなりがちで重要な支出のひとつが「消費税」です。事業を始めたばかりであったり、売上が一定の規模を満たさない場合には免除されますが、基本的にはどの事業者も納税義務があります。

売上が一定額以下の場合は、「簡易課税制度」というしくみを利用して納税額を計算することで、大きな節税につながることがあります。

この記事では、簡易課税における計算方法やメリット・デメリット、簡易課税を採用することで得する業種などについて解説します。 

目次

簡易課税とは

簡易課税とは、仕入控除税額の計算を簡素化した方法のことをいいます。仕入控除税額とは、消費税の納付額の算出にあたり、売上等の消費税額から控除する消費税のことです。

実際の取引額をもとに計算する「本則課税」で納税額を算出するのが原則ですが、計算が複雑で事業者にとって事務的負担が多く、これを軽減するために簡易課税制度が設けられています。

簡易課税の適用要件と手続き

簡易課税は、どの事業者でも適用できるわけではありません。以下2つの要件を満たす事業者のみ、本則課税と選択適用することができます。

  1. 課税期間の前々年、または前々事業年度における課税売上高(※)が5000万円以下である
  2. 「簡易課税制度の適用を受ける旨の届出書」を事前に提出している

ただし、簡易課税を選択した場合、2年間は簡易課税を継続しなければなりません

※課税売上高の計算方法

事業を行う上での取引には、消費税がかかる取引とかからない取引がありますが、課税売上高とは、消費税がかかる取引における売上の消費税抜きの金額のことを指します。

取引には、「課税取引」、「不課税取引」、「非課税取引」、「免税取引」の4種類があり、この中で消費税がかかる取引は「課税取引」のみですが、課税売上高では「免税取引」も含めて計算します。

つまり課税売上高は、「課税取引の売上(税抜き) + 免税取引の売上(税抜き)」という式で求めることになります。

消費税簡易課税制度選択届出書の提出期限

適用要件にある「簡易課税制度の適用を受ける旨の届出書」とは、「消費税簡易課税制度選択届出書」のことを指します。

この届出書は、簡易課税の適用を受けようとする課税期間の開始前日までに、納税地を所轄する税務署へ提出します。提出期限に遅れてしまうと、その課税期間中は簡易課税を選択することができません。届出書は国税庁のホームページからダウンロードできるので、早めに準備をしておきましょう。

新たに届け出が必要となる場合

事業を承継する場合には、後継者が「消費税簡易課税制度選択届出書」の届け出を新たに行う必要があります。具体的には次のようなケースがあります。

  • 相続により被相続人の事業を承継した場合
    被相続人が提出した簡易課税制度選択届出書の効力は、相続人に及びません。
  • 合併があった場合
    吸収合併または新設合併によって事業を承継した合併法人には、届出書の効力が及びません。
  • 分割があった場合
    分割により事業を承継した法人は、分割法人が簡易課税制度選択届出書を提出していても、その効力は分割承継法人には及びません。

消費税増税に伴う経過措置

2019年10月1日から2020年9月30日までの日を含む課税期間で、仕入れを税率ごとに区分することが困難な中小事業者は、消費税簡易課税制度選択届出書を適用しようとする課税期間中に提出すれば、その期間から簡易課税を選択できます。

>>国税庁|No.6629 消費税の各種届出書

簡易課税の計算方法

簡易課税適用時の消費税額は、以下の方法で算出します。

 課税売上等にかかる消費税額 ー( 課税売上等にかかる消費税額 × みなし仕入率 )

売上等にかかる消費税額に、事業区分に応じた「みなし仕入率」を掛けた金額が仕入控除税額となります。

みなし仕入れ率

事業区分みなし仕入率該当する事業
第一種事業90%卸売業(他の者から購入した商品をその性質、形状を変更しないで他の事業者に対して販売する事業)をいいます。
第二種事業80%小売業(他の者から購入した商品をその性質、形状を変更しないで販売する事業で第一種事業以外のもの)をいいます。
第三種事業70%農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業(製造小売業を含みます。)、電気業、ガス業、熱供給業及び水道業をいい、第一種事業、第二種事業に該当するもの及び加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を除きます。
第四種事業60%第一種事業、第二種事業、第三種事業、第五種事業及び第六種事業以外の事業をいい、具体的には、飲食店業などです。 なお、第三種事業から除かれる加工賃その他これに類する料金を対価とする役務の提供を行う事業も第四種事業となります。
第五種事業50%運輸通信業、金融・保険業 、サービス業(飲食店業に該当する事業を除きます。)をいい、第一種事業から第三種事業までの事業に該当する事業を除きます。
第六種事業40%不動産業

>>引用:国税庁|No.6509 簡易課税制度の事業区分

消費税増税に伴うみなし仕入れ率の見直し

消費税が10%に引き上げられると同時に、農林水産業のうち消費税の軽減税率が適用される食用の農林水産物を生産する事業は第二種事業となります。

適用時期は、平成31年(2019年)10月1日を含む課税期間です(同日前の取引は除く)。

複数の事業を営む場合

2種類以上の事業を営んでいる場合は事業を区分し、事業ごとの消費税額にみなし仕入率を乗じて、それぞれを足していくことで仕入控除税額を求めます。

(第一種事業にかかる消費税額 × 90%) + (第二種事業にかかる消費税額 × 80%)+ (第三種事業にかかる消費税額 × 70%) + (第四種事業にかかる消費税額 × 60%) + (第五種事業にかかる消費税額 × 50%) + (第六種事業にかかる消費税額 × 40%)

計算方法簡略化の特例

複数の事業を営む場合には、条件を満たすことで、ひとつのみなし仕入れ率を全体の課税売上高に対して適用できる特例があります。

【A】2種類以上の事業を営んでおり、そのうち1種類の事業の課税売上高が、全体の課税売上高の75%以上を占める場合

<計算方法>
全体の課税売上高の75%以上を占める事業のみなし仕入率を、全体の課税売上高に対して適用することができます。

【B】3種類以上の事業を営んでおり、そのうち特定の2種類の事業の課税売上高の合計額が、全体の課税売上高の75%以上を占める場合

<計算方法>
全体の課税売上高の75%以上を占める2つの事業のうち、みなし仕入率が高い方の事業にかかる課税売上高にはその事業のみなし仕入率を、それ以外の課税売上高には、低い方のみなし仕入率を適用することができます。

事業を区分していない場合

2種類以上の事業を区分せずに営んでいる場合には、区分をしていない事業の中でいちばん低いみなし仕入率を適用して、仕入控除税額を計算します。

事業区分の判定

簡易課税では、事業区分によってみなし仕入率が異なるため、事業区分を正確に把握することが大切です。業種からおおよその判断はできるかもしれませんが、判断に迷うこともあるかもしれません。

たとえば飲食業でも、店内での飲食や出前を行う場合は第4種事業、店舗で惣菜や弁当を作り、店頭で販売する場合は「商品を製造して販売する」ことから、第3種事業に区分されます。そのほか、不動産業を営んでいる人が、仕入れた土地や建物をそのまま事業者に販売した場合は「不動産業」を営んでいることから第6種事業だと判断してしまうかもしれませんが、このケースは第1種事業に該当します。

このように、事業の中でも取引の内容によっては、ほかの業種として区分しなければならないこともあるので、事業区分の判断は慎重に行いましょう。

特に、複数の事業を営んでいる場合は、それぞれの事業区分をしっかりと行わなければ、正確な仕入控除税額が算出できない可能性があります。判断に迷ったときは税理士に相談をすることをおすすめします。

判定フローチャート

簡易課税の事業区分

本則課税との比較シミュレーション

実際の仕入控除税額が、みなし仕入率で計算された仕入控除税額よりも少ない場合は、税負担が軽減される可能性があります

たとえば、みなし仕入率が50%であるサービス業で、実際の課税売上に対する課税仕入の割合が50%以下となった場合は、簡易課税を選択した方が仕入控除税額が大きくなるため節税につながります。

一方で、課税売上に対する課税仕入の割合によっては、その節税メリットが受けられない可能性もあります。たとえば多額の設備投資を行った場合などは、本則課税で計算した方が仕入控除税額が大きくなることがあるので、注意が必要です。

では、簡易課税と本則課税とで消費税の納税額にどのような違いがでるのか、実際に例を挙げてシミュレーションをしてみます。

例1 サービス業を営んでいる場合

課税売上高:2000万円
課税仕入高:800万円
みなし仕入率:50%

【本則課税】2000万円 × 8%ー800万円 × 8% = 96万円

【簡易課税】2000万円 × 8%ー2000万円 × 8% × 50% = 80万円

このケースでは、簡易課税を選択した方が16万円の節税になります。

例2 多額の設備投資を行った場合

上記と同じサービス業を営む事業者が、内装工事などで多額の設備投資を行ったと仮定します。

課税売上高:2000万円 , 課税仕入高:1500万円 , みなし仕入率:50%

【本則課税】2000万円 × 8%ー1500万円 × 8% = 40万円

【簡易課税】2000万円 × 8%ー2000万円 × 8% × 50% = 80万円

このケースでは、本則課税を選択した方が40万円の節税になります。

以上のように課税仕入高が増加する場合は、本則課税を選択した方が税負担が軽くなることがあります。

簡易課税を選択した方がよい業種

簡易課税は、みなし仕入率が高いほど仕入控除税額が多くなり、消費税の負担を軽減することができます。そのため、みなし仕入率が高い卸売業や小売業は、簡易課税を検討した方がよいといえます。

また、給与は非課税なので、経費の多くを人件費が占めるような業種も、簡易課税を選択した方が有利になる場合があります。たとえば、IT関連の事業や医療・介護、美容などのサービス業は、経費の多くを人件費が占めるため、簡易課税を検討してみるとよいでしょう。

簡易課税を取りやめるときの手続き

簡易課税を取りやめる場合は、適用を取りやめたい課税期間が開始する前日までに、「消費税簡易課税制度選択不適用届出書」を国税庁のホームページからダウンロードし、必要事項を記入して納税地を所轄する税務署に郵送または持参をして提出します。

ただし、簡易課税の適用を受けてから原則2年間は、適用を取りやめることができないという決まりがあります。つまり不適用届出書は、簡易課税の適用を受けた課税期間の初日から2年を経過していなければ提出することができないので注意しましょう。

簡易課税を取りやめるタイミング

簡易課税を取りやめるタイミングのひとつとして、多額の出費が予想される年が目安となります。本則課税との比較シミュレーションでも説明したとおり、高額な機械や不動産などを購入したり、多額の設備投資を行った年は、本則課税を適用していた方が消費税額が少なくなる可能性があります。

翌年や翌々年に多額の出費が予定されている場合は、簡易課税の取りやめを検討してみましょう。

アントレなら独立・開業情報満載!業種や希望条件から理想の独立が見つかる!

おわりに

簡易課税と本則課税のどちらを選択すべきかは、事業の経営状況により異なります。

また、簡易課税を選択していても計算が複雑になる場合もあります。税務申告のなかでも特に消費税申告は難易度が高いため、少しでも不安なことがあれば迷わず税理士に相談するようにしましょう。

消費税に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

消費税に関する税務相談Q&Aをみる

  • 売上と消費税について

    2019/10/1にwebライターとして開業した者です。 消費税について、将来的にも売上が1000万円を超えることはないと思うので、消費税申告をする機会はない...
    税理士回答数:  1
    2019年12月06日 投稿
  • 国外で業務処理をした場合、国内売上の消費税の計算について

    国内業者から業務を受託し、国外で業務処理をしています。 国内業者に税込で請求をしており、国外業者には不課税仕入で支払いを行なっていますが、この場合の消費税の計算...
    税理士回答数:  1
    2019年12月04日 投稿
  • 事業開始年度の消費税還付について

    事業開始年度に課税事業者選択届を出し、100万円もしないような固定資産をいくつか取得し、消費税還付を受けたとします。 その場合は、いわゆる3年縛りというのはな...
    税理士回答数:  2
    2019年12月03日 投稿
  • 消費税の中間納付について

    消費税の中間納付について 前年基準より仮決算をした場合、納付額が多くなる場合でも仮決算で申告することは可能ですか? 前年が少なかったため、期末に大きく出ていく...
    税理士回答数:  1
    2019年12月03日 投稿
  • 消費税適用税率について

    消費税の適用税率についてご教授願います。 9月に一旦納品した商品を全品返品検査となり、10月に再納品致しました。 9月納品として、客先に一旦は請求をしたとこと、...
    税理士回答数:  1
    2019年12月02日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応