税理士ドットコム - 農地転用の許可、現況に変化がなくとも許可が下りる前と後とでは固定資産税に差は生じる? - ご相談の農地が市街化区域農地か市街化調整区域内...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 農地転用の許可、現況に変化がなくとも許可が下りる前と後とでは固定資産税に差は生じる?

固定資産税

 投稿

農地転用の許可、現況に変化がなくとも許可が下りる前と後とでは固定資産税に差は生じる?

農地転用の許可について、当該農地の現況に変化がなくとも許可が下りる前と後とでは固定資産税に差は生じるのでしょうか?

税理士の回答

ご相談の農地が市街化区域農地か市街化調整区域内の農地かで、異なってきます。
市街化区域農地の場合には、宅地比準となっており、すでに宅地並み課税がされていると思います。
一方の市街化調整区域内の農地の場合には、農地転用後も現況で判断しますが、転用したことによりいつでも宅地として使用できる土地となるため、純粋な農地よりも若干変動があるものと思われます。
詳しくは、市町村役場にお問い合わせ下さい。
宜しくお願いします。

本投稿は、2015年05月27日 23時40分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
13,620
直近30日 相談数
670
直近30日 税理士回答数
1,854

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら