遺産分割協議後の固定資産税 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 固定資産税
  4. 遺産分割協議後の固定資産税

遺産分割協議後の固定資産税

亡父の遺産分割協議が終わり土地を売り現金にして譲渡税を引いて相続する人5人と土地だけ相続の姉1人となりましたが、父が生前中に化していた駐車場の立ち退きに時間がかかり、勝手に土地のみの姉が母契約人で4年再契約をしてしまい、相手側は立ち退きません。
他の駐車場もそれによって未だ立ち退きしてません。
このままだと多額の固定資産税がまた来年きます。
そしてその駐車場代はその姉が母の生活費介護費として使ってます。
質問1
このまま土地が売れず4年後になった場合固定資産税はどうなりますか?
誰がどのように払いますか。
質問2
姉が売れた現金はいらないのですべて土地でと代償として売った取り分を引いて現金で他の相続人に払うとなりました。
売れないのでその分も増額でもらうことはできますか?
宜しくお願いいたします。

税理士の回答

【質問1について】
土地を売却して所有者が変わらない限り、従来どおり固定資産税が発生します。
固定資産税の納付義務を負う人は、登記簿に登記されている所有者です。
もし、登記をせずお父様の名義のままであれば、法律上は相続人全員が連帯して納税の義務を負いますが、実際は相続人の代表者だけに納付書が送られるようです。
どちらであれ、収入と支出の対応関係を考えれば、駐車場代の収入を得ている人が負担すべきというのが、常識的な判断だろうと思います。
なお、お父様名義のままの場合は、名義を変えておかないと土地を売却できないことがありますのでご注意ください。登記関係は税理士よりも宅地建物取引主任者などの方が詳しいので、心配な場合はそちらにご相談ください。

【質問2について】
事情はどうあれ、遺産分割協議書から相続内容が変わる場合は、一般的には相続税の修正申告を要します。特別な契約を交わしていれば別ですが、土地の売却が遅れたとしても、分与される財産を増額する権利は、法的には存在しないと思います。「当事者次第」というのが答えです。それでどうしても納得できないなら、あとは弁護士に相談するしかないでしょう。

ご回答ありがとうごさいます。
これから母が他界後、また、2次相続もあります。
今回の姉が仕出かしたことで駐車場が解放されず、そして固定資産がそのまま払うとなるのに相続人の承諾もなしにしたことで責めると2次相続でごねて印鑑を押してもらえないことが大変だからここは穏便にした方がいいといっている相続人もいます。
今の駐車場の賃料を姉が独り占めなぜかまだしてるのでそれだけでも本来の相続人に渡すようにしたいところです。
ありがとうございました。

本投稿は、2018年11月20日 11時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

固定資産税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,356
直近30日 相談数
1,235
直近30日 税理士回答数
2,177