フリーランス夫婦の節税対策について。 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. フリーランス夫婦の節税対策について。

フリーランス夫婦の節税対策について。

お互いフリーランスの夫婦です。15歳未満の子供が2人いる4人家族です。
昨年の売上はどちらも400万円位です。夫婦で同業種になります。現状は白色申告です。
前年度より売上が上がったことから、世帯で納める住民税や国民健康保険料がけっこう上がってしまうようで、税金のことをもう少ししっかり考えないといけないと思うようになりました。

今回の確定申告には間に合わないと思いますが、本年度分からはひとまず青色申告にしようと思っています。その上で
・お互いが青色申告をして、65万円ずつの控除を受ける
・どちらかを代表にした個人事業形態にして、もう一方を専従者として控除を受ける
などの方法が思い浮かんだのですが、知識が乏しいので、どのような形態が一番良いのか(節税対策になるのか)の判断ができません。
また、その際に起こりうる問題等もありましたら、併せてご教授頂けると大変助かります。
どうぞ宜しくお願い致します。

税理士の回答

眞喜屋朱里

こんにちは、回答申し上げます。
同業種ということなので、合算しても特に問題は生じませんが、その際振込先等も屋号及び代表者の名前1人になります。
奥様は専従者控除ということになります。専従者控除となると、もちろんおっしゃるとおり国民健康保険、住民税、所得税等の負担は軽くなります。(無くなります)
また、各々に確定申告をうける場合のメリットは、両者独立して業をなせること、そして青色申告特別控除を各々で受けれる天にございます。こちらのデメリットとしては、各人の国民健康保険、住民税、所得税等の負担等がある点です。
同業種であれば法人設立の検討を考えるのも一つの手段かもしれませんが今回は個人事業の上記のみの記述とさせていただきます。
少しでもお役にたてれば幸いです。以上、宜しくお願い申し上げます。

本投稿は、2016年02月12日 10時38分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • フリーランス夫婦の確定申告に関して。

    相談させて下さい。 お互いフリーランスの夫婦です。15歳未満の子供が2人いる4人家族です。 昨年の売上はどちらも400万円位です。夫婦で同業種になります。現...
    税理士回答数:  1
    2016年02月15日 投稿
  • 全体的な節税について。一番よい方法がわかりません。

    はじめまして。 私はサラリーマンをしており、その年収が360万あります。 また副業でアフィリエイト(広告収入)をしているのですが、来年の年収が推定で84...
    税理士回答数:  2
    2014年11月19日 投稿
  • 異なる個人事業主の夫婦の節税対策

    夫婦で違う分野の仕事をし、それぞれ別で申告しています。 年収は夫が400万ほど、妻100〜150万ほど(妻はこれからアップを目指しています)です。あとは夫の不...
    税理士回答数:  2
    2016年04月26日 投稿
  • フリーランスが今からできる節税対策と経費申告について

    今までは本業が派遣社員で勤務しており、副業をしていましたが昨年途中から副業を本業とし、フリーランスになりました。 白色申告で行う予定ですが、下記事項についてど...
    税理士回答数:  1
    2015年01月29日 投稿
  • 節税対策について

    4人家族です。 夫:50歳代 非正規(給与)収入約240万/国保/国民年金/長男を扶養 妻:50歳代 在宅(給与と雑)収入約160万/国保/国民年金 長女...
    税理士回答数:  2
    2015年10月05日 投稿

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,180
直近30日 相談数
998
直近30日 税理士回答数
1,888