[節税]自宅を社宅にする場合 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 自宅を社宅にする場合

自宅を社宅にする場合

自宅を社宅扱いにするとき、契約が個人のままだと損金にならないのでしょうか?

自宅は法人契約ができないため、
個人から法人に貸す契約を結び法人から賃料を個人に支払う、そこから法人→個人で賃貸契約を結び個人から法人に家賃を支払うという流れではだめでしょうか?

税理士の回答

社宅にするためには法人が借り主になる必要があります。
個人契約のままでは社宅にならず、個人契約のままで家賃の負担を法人が行う場合には役員給与とみなされると考えます。

本投稿は、2019年03月25日 12時10分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,157
直近30日 相談数
1,170
直近30日 税理士回答数
2,318