[節税]個人事業主 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 個人事業主

個人事業主

私は個人事業主で飲食店を経営。今度主人の会社が倒産する事が決まりました。主人も個人事業主でやって行こうと考えてます。そこで、質問なんですが、
1 妻の私を青色専従者にできるのか?
2 私が2店舗経営にし、主人を青色専従者にする
3 全く別々の個人事業主としてそれぞれ青色申告をする
どれが賢い節税ですか?

税理士の回答

「どれが一番節税になるか」ということは、それぞれの事業の儲けによりますので、正確な答えはできませんが、一般的に開業初年度から多額の利益があがることは考えにくいので、1か2のいずれかだと思われます。
これまで奥さんが飲食店を経営されていたということですので、最初は2からスタートして、利益の状況を見て次のステップに進まれてはいかがですか。

中西さま
回答ありがとうございます。
2からスタートして次のステップとは。
例えば、別々の個人事業主になるとかでしょうか?

それもありですし、例えば法人組織にするという選択肢もありますね。
利益が出るようになると、個人より法人の方が節税になりますので、近い将来法人化も検討されてはいかがですか。

中西さま
なるほど。
2店舗経営となると、やはり帳簿はそれぞれつけて、確定申告の時に2店舗分の売り上げや、経費を合算して申告という事ですね。
ちなみに2店舗でどれくらいの利益が出たら法人化を考えるべきでしょうか?

一般的な所得金額の目安は、個人事業の利益が800万円を超えたあたりで法人成りするとよいといわれています。
ただし、所得控除や事業以外の所得の有無などによって条件は大きく変わる可能性がありますので、法人成りの判断をする場合は税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

中西さま
ありがとうございました。
まずは、私自身の個人事業を拡大して主人を専従者で使うという方向で考えてみたいと思います。

本投稿は、2019年12月12日 19時39分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

節税に関する相談一覧

分野

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
50,848
直近30日 相談数
1,396
直近30日 税理士回答数
2,489