税理士ドットコム - [青色申告]私用・個人事業用の混ざった口座の解消方法 - こんにちは。税理士の泉です。ご相談の内容は、預...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 青色申告
  4. 私用・個人事業用の混ざった口座の解消方法

青色申告

 投稿

私用・個人事業用の混ざった口座の解消方法

現在,個人事業主と会社員を兼業しております.

既存の口座は,私用・個人事業用を混ぜて使ってしまっており,
来年以降このような状態を解消したいと考えています.
またこれに伴い,私用・個人事業用クレジットカードについても分離したいと思っています.

現状と,現在素人ながら考えている解決策は下記の通りです.
こちらにつきまして,以下の2点をご教示いただきたく,どうぞよろしくお願い申し上げます.
・実務上,この解決策に問題はないか
・よりよい解決策があればご教示いただきたい

■ 現状
既存口座A
・私用:会社からの給与支払い,家賃支払,現金の引き出し etc
・個人事業用:顧客からの振込 etc

既存クレカA(既存口座Aから支払い)
・私用:食費,雑費,外食費 etc
・個人事業用:機材の購入,情報サービスの支払い etc

■ 想定している解決策
今年度中に,以下の手順で解消:
・新規口座Bを開設する.
・口座Bを事業用として扱う.
・既存口座Aの残高を全てBに移す.
・口座Aの残高が0となった状態で,それ以降は事業用の口座としての扱いを取りやめる.
・口座Aに,個人的に必要な金額を戻す.
・新規クレカBを発行し,これを事業用とする.口座Bから支払いをするようにする.
・クレカAの支払いで個人事業関係のものが残っていた場合,事業主貸で処理.

来年度以降:
・事業用としては口座B,クレカBのみを利用

税理士の回答

こんにちは。税理士の泉です。
ご相談の内容は、預金口座とクレジットカードを事業専用にするための方法ということですね。考えられている方法でも特に問題はないと思いますが、一つご提案します。
①新規にB口座を作る。その際、「お始め」の金額を、帳簿上の預金残とする。
②新規に事業用クレジットカードBを作りB口座から引き落とすようにする。
こうすることで、預金の帳簿残高は一致しますし、クレジットの引落し等は事業主勘定でも調整はできます。いかがでしょうか?

本投稿は、2017年10月09日 14時39分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
15,742
直近30日 相談数
773
直近30日 税理士回答数
2,560

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら