[扶養控除]扶養について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 扶養について

扶養控除

 投稿

扶養について

メールレディをしている学生の場合、いくらまでなら親の扶養を受けられますか?

税理士の回答

合計所得が38万円以下であれば、税金の扶養になります。
メールレディは、雑所得に該当すると考えます。
雑所得の金額は、収入―必要経費=雑所得の金額となります。

普通のアルバイトを掛け持ちしてる場合も38万以下ですか?

給与所得は、給与収入―給与所得控除額最低額65万円=給与所得の金額となります。
給与所得と雑所得を合算した金額が38万円以下であれば、税金の扶養になります。

例えば給与所得で50万すでに稼いでるとしたらもう扶養は外れるということであってますか?

給与所得で50万円稼いでる場合
給与収入50万円―給与所得控除額65万円=0円
給与所得は、0円になります。
扶養から外れません。

そういうことなのですね、かしこまりました。ありがとうございました!

本投稿は、2018年11月08日 23時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
18,491
直近30日 相談数
962
直近30日 税理士回答数
1,540