[扶養控除]学生控除の適応について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 学生控除の適応について

学生控除の適応について

私は、今現在大学3年生です。
アルバイトをしているのですが、103万円では生活が厳しい為に学生控除を出そうと思っていました。
今現在129万円ほど稼いでいる為、アルバイトに入っていません。しかし交通費は入らないと思っていた為交通費を含まず129万円を稼いでしまっていました。
130万円の中には非課税交通費も含まれると知り、計算したところ134万円ほどになってしまいました。
この場合は学生控除を受けることができず、親の扶養から抜け、自分で社会保険を払わなければいけないのでしょうか?
また学生なので国民年金保険は控除を適用しているのですが、130万を越えた場合支払わなければならないのでしょうか?
わかりにくくて申し訳ございません。

税理士の回答

1.相談者様の年収が103万円(交通費は含まない)を超えますと、親の所得税の扶養から外れ、親は特定扶養控除(所得税63万円、住民税45万円)を受けられず税負担が増えます。
2.相談者様の年収が130万円(交通費は含まない)以下であれば、勤労学生控除を受けられます。この控除を受ければ、所得税は非課税になります。
3.また、相談者様の今後の年収の見込み額が130万円(交通費を含む)以上になりますと、親の社会保険の扶養から外れ、自分で社会保険に加入して保険料を払うことになります。
4.国民年金については、学生納付特例制度により納付が免除されますが、年収制限(118万円?)があると思います。年金事務所に確認されることをお勧めします。

お早いお返信ありがとうございます。
私の年収は交通費含まないのであれば130万円は超えないです。
他のサイトでは130万の中には非課税交通費も入ると聞きました。
アルバイト先では社会保険に入れない場合、自分で国民保険に入らなければ、保険証適応できないということですか?

1.所得税の年収(103万円、130万円)は、交通費は含みません。しかし、社会保険の年収(130万円)は、交通費を含みます。
2.今後の年収(過去の収入は考慮しない)が130万円以上になるのが確実であれば、社会保険への加入になり、社会保険に入れない場合は、国民健康保険、国民年金への加入になると思います。

丁寧な解答ありがとうございます。
となると所得税の年収130万円は交通費を含まないため、129万円の私は学生控除を受けられるということでしょうか?
しかし、社会保険の年収(130万円)は交通費を含むので129万円+交通費3万円ということになり132万円になってしまうので、自分で国民年金か国民健康保険へ加入しなければいけないということでしょうか?
何度も申し訳ございません。

1.年収が129万円(交通費は含まない)であれば、勤労学生控除を受けられます。
2.今年の年収が132万円(交通費を含む)で、今後も同じように130万円以上になれば、社会保険(国民健康保険、国民年金)へ加入することになると思います。

お返信ありがとうございます。
2の今後も同じようにとありますが、次の年ということでしょうか?
もし次の年に130万円以下(交通費を含む)に抑えれば社会保険(国民健康保険、国民年金)へ加入しなくても親の保険証を使うことができるのでしょうか?
また130万円を超えた場合、その年の病院などで使った金額の7割を支払わなければならないと聞いたのですが、本当ですか?

社会保険の扶養の判定は、今の収入ではなく今後の収入の見込み額とされていると思います。相談者様の収入が今後130万円以下になるのであれが、親の扶養内になると思います。詳細については、お住まいの市区町村の国民健康保険課に確認されることをお勧めします。

本投稿は、2019年11月08日 23時39分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
34,129
直近30日 相談数
1,663
直近30日 税理士回答数
2,822