地震保険料控除とは?知っておきたい3つのポイント - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告のハウツー
  4. 地震保険料控除とは?知っておきたい3つのポイント

地震保険料控除とは?知っておきたい3つのポイント

地震保険料控除は、節税に欠かせない数ある「控除」のうちの一つです。生命保険料控除と同じように、控除の対象となる保険契約をしていれば、個人事業主やサラリーマンを問わず誰にでも適用され、節税につながります。

しかし、地震保険料控除の適用を受けるためには年末調整や確定申告で手続きが必要です。このページでは、きちんと忘れずに申請して節税メリットを受けるために、地震保険料控除の対象となる保険、控除金額と計算方法、手続きの申請方法の3つのポイントをご説明いたします。

目次

地震保険料控除とは?

地震保険料控除とは、本人が生活をしている住居・家財について、特定の地震保険などの保険料や掛け金を支払った場合に、受けることができる所得控除のひとつです。所得控除とは、税金を計算するときに、必要経費と同様に税金の対象とならないものです。このため、受けることができる所得控除が多ければ多いほど、税金が安くなります。

なお、地震保険料控除は、平成19年1月に、損害保険料控除が変更されて新たらしく創られた制度です。このため、かつての損害保険料控除とは仕組みが異なるのでご注意ください。

地震保険料控除の対象になる保険

地震保険料控除の対象となる保険契約は、国税庁のHPでは以下のように書かれています。

自己若しくは自己と生計を一にする配偶者その他の親族が所有している家屋で常時その居住の用に供するもの又はこれらの者の有する生活用動産を保険や共済の目的とする契約で、かつ、地震、噴火又は津波を原因とする火災、損壊等による損害をてん補する保険金や共済金が支払われるもの

具体的には、地震保険火災保険に該当する保険が対象になります。なお、その保険が対象となるかどうかは、保険会社などから送られてくる証明書に記載されています。

長期の損害保険契約の経過措置

なお、平成19年に損害保険料控除が地震保険料控除に変更されたため、以下の条件に当てはまる長期損害保険の契約がある場合には、経過措置として地震保険料控除の対象となります。

  • 平成18年12月31日までに締結した契約
    (保険期間又は共済期間の始期が平成19年1月1日以後のものは除く)
  • 満期返戻金等のあるもので保険期間又は共済期間が10年以上の契約
  • 平成19年1月1日以後にその損害保険契約等の変更をしていないもの

地震保険料控除の金額・計算方法

地震保険料控除で所得税が控除される金額、またはその計算方法は以下の通りです。

地震保険料のみ支払っているケース

その年に支払った保険料控除額
50,000円以下支払った保険料の全額
50,000円超50,000円

旧長期損害保険料のみ支払っているケース

その年に支払った保険料控除額
10,000円以下支払った保険料の全額
10,000円超20,000円以下支払った保険料の金額÷2+5,000円
20,000円超一律15,000円

両方支払っているケース

以上の地震保険料控除と旧長期損害保険料控除の方法で計算した金額の合計額が、所得税の控除額になります。ただし、地震保険料共助の控除額の上限は5万円です。

地震保険料控除の申請方法

地震保険料の控除は、会社員ならば、12月の年末調整の際に、それ以外の個人事業主等の方の場合は3月の確定申告の際に申請します。なお、年末調整で申請すれば確定申告を行う必要はありません。

いずれの場合にも、地震保険料控除を受ける為には、「保険料控除証明書」の提出が必要になります。この証明書は、契約している保険会社などから10月頃に送られてくることが一般的です。しっかりと保管しておくようにしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。1年単位での節税額は大きなものではありませんが、せっかくの控除ですので、利用する方が良いでしょう。会社員であれば年末調整での手続きで済みますし、フリーランスであれば確定申告のときに合わせて手続きを行うだけでですので、それほど手間が増えることも無いでしょう。本記事が参考になれば幸いです。

税理士をお探しの方は税理士紹介サービスをご利用ください。

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

確定申告に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応